今すぐほうれい線(法令線)を消したい!40代主婦の切実な悩みを解決しましょう!

ギャー!い、いつのまに

くっきりほうれい線が私の顔に!

忙しいのを理由にスキンケアを怠っていたのが

たたりましたーー!(T_T)

ほうれい線を指さし、娘の一言。「ママ~!おヒゲはえてる~!」

現在、3歳の三女。
三姉妹の末っ子なので、本当に口が達者です。

小さい子供は元々正直モノだし
ましてや、三女は、生まれ持った性格が、
包み隠さずなんでも話す毒舌の星。
ガツンと言うこと言って、姉たちと
毎日喧嘩しています。
恐るべし、三歳児です!

その三女が、先日、私の似顔絵を描きながら言った一言。

「ママァ~~~~!おヒゲはえてる~~~!」

「えっ?えっ?どこ???」と聞き返すと
「ここ、ここーーーー!」と

私の鼻の横のほうれい線を指さしました。

そして、私の似顔絵には、くっきりと
への字のほうれい線が描かれていました!!!

。。。。。。。ショック(´;ω;`)

自分でも、最近ほうれい線がくっきり目立ってきたなぁ。。と
なんとかしたいなぁ。。。と思っていた矢先の出来事。

ほんまに、これは何とかしないといけません!!!(;’∀’)

幼稚園の同じ学年のお母さんで
ひと回り以上年が離れてるけど仲良くしてるママ友に、この前
「お母さんはいくつなの?」と聞いてみました。

そしたら、「48歳。」って!!!

ってか!!!
おばあちゃんとワタクシの方が年近いし!
同じ昭和40年代!一緒な世代!!!

長女にもよく言われる言葉。
「○○ちゃんのお母さん、若くて可愛い~よなぁ~~
なんで、ママはもっと早く○○を産まんかったの?」

ごめんなぁ~~~。。。
高齢出産だし。。。

それに、お肌のお手入れず~っと怠ってた
三女の産後から何故か急に痩せてやつれてしまったので
こんなにくっきりとほうれい線がついてしまったよ(´;ω;`)

娘たちのために、若いお母さんであらねば!
↑と勝手に意気込み

私のほうれい線との戦いに
ゴングが今、打ち鳴らされたのでした!

ほうれい線とはなに?その原因は?

ほうれい線(=法令線)とは。。。
鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本の線のこと。
基本的にしわでは無く、頬の境界線を呼ぶのです。

英語では、“smile lines”や“laugh lines”などと言うので
「笑いじわ」と訳すると、ちょっといい印象ですね。

しかし、そのほうれい線がくっきりついてると
一気に老け顔になりますので危険です!

ほうれい線の主な原因はたるみ。

頬にたるみが出来るとほうれい線ができやすくなります!
頬を支える筋肉と口元の筋肉が硬くなってしまい
頬が下がったままになって
口元との境界線ほうれい線ができてしまうのです。

また、加齢や紫外線等の影響により、
肌の弾力やハリを保つ真皮層が変性しても、ほうれい線ができます。

若い方などでも多くみられる初期症状としては
肌の乾燥が原因でできる細かい八の字のシワもあります。

その他の原因としては、

喫煙、ストレス、ビタミンC不足、コラーゲン不足、偏食

です。

たるみの原因①皮膚の弾力・ハリの低下

ふっくらとした肌の土台を築く、真皮が衰えることが原因のひとつです。
真皮は、コラーゲンやエラスチンといった
線維が網目状のネットワークをつくり肌の弾力をキープしています。
紫外線や加齢の影響により、これらが減少・変性すると
肌の弾力やハリが失われるのです!

うぅぅ。断面図を見ると真皮だけでなく表皮も大変なことに。。
しかも、その表皮も四つの構造に分かれています。

表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層構造になっています。
しかもわずか0.2ミリの厚さ!!

この中に4層もあります。
表皮と真皮の間には「基底膜」というものがあり

この「基底膜」を通して、
栄養、酸素、老廃物、情報などの交換がなされているのです。

表皮の細胞は、一番下にある「基底細胞」が細胞分裂して
その「娘細胞」の一方が押し上げられ、
各層を経て、丈夫で平らな「角質細胞」となります。

「角質細胞」とは、皮膚の一番外側、
手で触れられる部分の「角質層」です。

角質層の働きは、外界からの刺激物質(ウイルス、埃、紫外線など)の侵入を防ぎ
体内の水分の蒸発(お肌の乾燥)を防ぐことです。

つまり「角質層」は、一番外側で身体を守る「バリア」
みたいなものなんですね。

正常な角質層を作るには、基底層で生まれた細胞が各層を経て、
角質細胞となり垢として剥がれ落ちる約28日周期の

表皮のターンオーバーが肝要です。

正常なターンオーバーを促すには
正しいスキンケアはもちろんのこと
生活習慣も見直さなければなりません!

たるみの原因②表情筋の衰え

顔の筋肉である表情筋は
皮膚に直接ついています。
長時間同じような表情ばかり作ることにより、
皮膚の表面が固くなってしまうのです。

ライフスタイル自体もスマホが主となり
会話が少なくなってしまったり、
普段から柔らかいものを好み、咀嚼力が衰え
硬いものを食べなくなってしまったことにより
現代人は表情筋が衰えやすくなっているようです!

たるみの原因③皮下脂肪の増加・蓄積

顔の皮下脂肪が増えると
脂肪を支えることができなくなるため、
たるみが発生してしまいます。

丸顔で頬が柔らかい人はもともと筋肉が少ないため
頬が下に落ちやすくなっています。

また、ダイエットなどを繰り返すことにより
皮膚がたるみ、ほうれい線の原因となることがあるのです!

無理なダイエットは禁物ですね!

ほうれい線を消す方法!

①とにかく保湿!

お肌にとって最も良くないのは乾燥です。
老化と共に肌の水分量は減少していきます。

角質層の中の、皮脂膜、天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質の
3つの保湿物質が水分をキープしていますから

これらの保湿物質が不足すると角質層の水分が失われ乾燥し
小じわのもとになってしまうのです!

自身の年齢、お肌のタイプに合わせた化粧品を選び
正しく使用するだけでなく
ケアの方法も考えて継続していきましょう。

汚れを落とすためにゴシゴシ洗顔し、
保湿をするための大事な皮脂膜を剥がしてしまうと
水分がどんどん逃げてしまうので

ピーリングなど、肌の角質層をはく奪しますから
おススメはできません。

②ほうれい線予防に摂取したい成分

(1)タンパク質

コラーゲンやビタミン類だけでは
お肌の土台は形成されません。

タンパク質は、筋肉を作る大切な栄養素ですから
赤身やモモ肉など脂身の少ない肉、魚、卵を
1日100g~200gは食べる習慣をつけましょう。

(2)ポリフェノール

アントシアニンやリコピンなど、
様々な種類のあるポリフェノールですが、
共通してみられる効果に「抗酸化作用」があります。

紫外線ストレスに長時間さらされると、
体内に多量に活性酸素が発生し、
肌を支えるコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

活性酸素除去に優れたポリフェノールは、
ほうれい線を消すために積極的に摂りたい栄養素ですね!

(3)ミネラル

真皮層には、肌の土台となるコラーゲンや
エラスチンを作る線維芽細胞という細胞が存在しています。

ミネラルは、「細胞に栄養を届ける」という大切な役割を担っていますが、
それだけでなくミネラルそのものに
線維芽細胞を増やす働きがあるようですから、
ほうれい線を消すためには欠かせない栄養素ですね。

海藻や雑穀に多く含まれていますのでひじきやわかめなどを摂りましょう。

 (4)食物繊維

ほうれい線の原因のひとつに、
糖質の摂り過ぎによる細胞の「糖化」があります。

糖質の多い血糖値が急上昇するようなものを食べると、
血液中に糖があふれてしまいます。

使い切れなかった糖は、タンパク質と結びつき
糖化した細胞を作り出し、茶褐色で弾力のない細胞に変えてしまうため、
お顏の細胞が糖化するとほうれい線を作る要因になります。

食物繊維は、腸内で糖の吸収を穏やかにし
血糖値の急上昇を防ぐ効果がありますから

パンやスイーツなど糖質の多いものを食べる前には
食物繊維を多く摂ることを心がけましょう。

③表情筋エクササイズ

ツボ押し

・巨りょう(こりょう)

小鼻の両わきのくぼみにありますので、指で軽く5回くらい押します。
肌の皮脂分泌が活発になり、乾燥肌対策にもなります。

・地倉(ちそう)

口角の外側にあるくぼみです。指で軽く5回くらい押します。
口角を上げる効果があり、シワを伸ばす効果が期待できます。

・下関(げかん)

耳の付け根から少し内側のくぼみです。
そこを抑えると口の開閉時に骨が動くのが確認できます。
ここを指で優しく上に持ち上げるようにマッサージします。
すると筋肉が刺激され、顔のむくみやたるみ、シワが伸びる効果が期待できます。

リンパマッサージ

リンパを刺激して、新陳代謝の向上を狙います。

1)肩や首を数回回して、上半身のリンパの流れをよくします。

2)耳の後ろのくぼみを親指で上に押し上げて2、3回マッサージします。

3)ほうれい線からこめかみにかけて、2本の指でゆっくり滑らせるように5回程度マッサージします。

4)こめかみからあごにかけて2本の指でゆっくり滑らせるように5回程度マッサージします。

このようなマッサージを一日一回行うことで、リンパの流れや血行がよくなり、頬のたるみやほうれい線の改善が期待できます。

口内筋マッサージ

口の中に指を入れ、内側からほうれい線をなぞるように上下にマッサージします。
口の内側の筋肉の緊張をほぐし、血行をよくすることで、ほうれい線の改善が望めるのです。

べろ回し

マッサージではなくエクササイズではありますが、舌回しもほうれい線の改善に高い効果があるといわれております。やり方は次のとおりです。

1)口を閉じたまま、自分の舌を上の歯と唇の裏に入れます。
歯の表面を舌先でなぞるイメージです。

2)ゆっくりと舌を唇の裏を一周するイメージで時計回しに動かします。

3)同じように、次は反対に動かしてください。

ポイントとしては、慣れるまでは一日10回程度で十分です。
だんだん慣れてきたら時計回り20回、反時計回り20回、合計40回を目安に続けてください。早い人ですと数日で効果が実感できるともいわれており、おすすめです。

まとめ

3歳の娘に、自身のほうれい線をおヒゲと言われ
何としてでもほうれい線を消すために
正しいスキンケア、規則正しい生活
必要な栄養素の摂取
そしてエクササイズをしようと決意しました。

どれも、毎日コツコツと続けることで
少しずつほうれい線が消えると信じて
頑張ってほうれい線を消したい!と思います!

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする