子どもの学力は「断捨離」で伸びる!クラターコンサルタントやましたひでこ著・4年後の新入試で「受験勝者」になる親子の戦略

2020年を目途に「大学入試センター試験」
が廃止されるのはご存じの事と思います。
そして、大学入試に求められる能力が
これまでの「覚える」から「考える」へと
大きく方向転換されます。

この大変革に対抗するためには
今後親子でどのような教育方法に沿って
いけばいいのでしょうか??

「親子で断捨離」がおすすめです!

なぜ、子供の受験に断捨離が関係あるのか?

知る人ぞ知る、断捨離の提唱者、
クラターコンサルタント やましたひでこさん。
ABC朝日放送の「住まいのダイエット」で
よくメディアでお目にかかるようになりましたね。

自身のお子さまは国立大学を卒業し社会人として
独立していらっしゃいます。

そのやましたひでこさんが
身をもって体験していらっしゃるとなれば
尚の事食いつきたくなりますよね?

子どもの学力が「断捨離」で伸びるとは???

その理由が知りたくて、
この本の題を読んだらすぐさま購入ボタンを押していました。

我が家には娘が3人おります。
上はもう小6ですから、時すでに遅しかも。。。とも思いましたが
自分は専業主婦でずっと子育てをしてきております。

社会では、殆ど評価されることのなくなった今、
子どもの学力=親の子育て成功
みたいな縮図が自分の中で出来上がっていました。

娘が、学校の先生に褒められると
それだけで、自分の子育てが認められたような
そんな気持ちになります。

しかし、本の「はじめに」を読んで
このような私の考えは間違いだと気づきました。

2020年を目途に「大学入試センター試験」が廃止され
そして、大学入試に求められる能力が
これまでの「覚える」から「考える」へと
大きく方向転換されるから

今後を生き抜く子どもたちには
断捨離的思考が重要になってくる、ということなのです。

この、入試制度の大変革に立ち向かうためには
幼児・児童時期から高校まで

「公式や正解、解き方を覚える」だけでなく
「自分の頭で考えて、自分で創意工夫する」

という思考力や発想力、表現力をつけるための
親の関わり方がとても重要になってきます。

「量」だけでなく「質」を問われる受験システム。
これに、対抗すべく子どもの能力を引き出し
社会で求められる本当の頭の良さを養うには
断捨離があとても有効だと言える、ということなのです!

スポンサーリンク

子どもの学力は「断捨離」で伸びる!?その根拠は?

それは、なぜかというと。。。

断捨離を習慣づけることによって


自分で感じて、

自分の頭で考え、

自分で選択、決断していく
という、これからの学力を根底から下支えする能力が身につくからです。

そして、思考や発想、表現の選択肢も増やすことができるのです!!

また、日常生活で親子で断捨離をすることで
空間が整い、思考力も増し、学力をはぐくむことができます。
そして、創意工夫して仕掛けを考えていくという楽しさが生まれ
親子関係を良好に保つ一助にもなります。

何より、親子がともに豊かな人生を歩む術を
紹介してくれているのです。

子どもが社会に出てから必要となるのは、知識ではなく
問題解決能力、コミュニケーション能力です。

そして、それに思いやりや協調性といった柔軟な適応力。
これらを得るべく、まいにちごきげんな親子関係を築こうではありませんか?

スポンサーリンク

子どもと一緒に実行する断捨離。その方法とは?

具体的には、この本を手に取り読んでいただくのが一番ですが
今すぐにでも実践可能なのが、親子で断捨離を実践する
ということです。

断捨離とは。。。こちらをご覧ください。

断捨離で日々是ごきげんに生きる知恵/やましたひでこ・なぜ手放すことで人生が動き出すのか?
断捨離という言葉が定着してから、はや7年が経ちます。 私個人にとっては、去年から本格的に断捨離を勉強し 取り入れてきました。 ...

断捨離には、いくつかルールがあるのです。

親子で断捨離を実践する場合、
親は、絶対に、ゼッタイに

自分のエゴを押し付けないこと!!!

単なる、親の自己満足のための
エゴ育てをし続けていると
いつか、子供がモンスター化してしまうのです!

「世間体のために偏差値の高い学校に入って欲しい」
「自分が果たせなかった高学歴を子供に果たして欲しい」

などという自己満足な感情は捨てましょう!
そして、まず親がお手本となり断捨離を実践してみるのです!

あくまでも、子供のモノの所有者は子供ですから
マンガ本も大切な宝なので、絶対に勝手に捨ててはいけません。

スポンサーリンク

結果、子どもの学力が伸びる訳

ふとしたきっかけで、純粋な向上心に火がつくためには
日頃の親の接し方が重要になります。

少なくとも、子供にとって最も身近な親が
どれだけ人生を楽しいものと捉えているか、が
まず真っ先に問われるのです。

そうですよね、子供は親の背中を見て育つ
その言葉そのものです。

「大人になることって楽しいことなんだ」
「自分もあの先生みたいになりたい」
「もっと自分の知らない世界を知るために勉強したい」

そういう、向上心こそが
子どもが自主的に主体的に勉強に取り組むようになる
最大の要因となるのです。

スポンサーリンク

まとめ

さぁ、あなたも親子で断捨離をしましょう!

思考・感覚・感性を磨けば
「いまの自分に機能しているか」ということを
本人の力で判断することができ

2020年に待ち構える新入試制度にも立ち向かうことのできる
思考力、適応力、柔軟性を養うことができます。

さらには、人生において、いろいろな壁が生じても
それを楽しむことの出来る臨機応変な子に育ちます。

あくまでも、親はサポート側にまわることを念頭に
今から一緒に親子で断捨離しましょう!!!

ウチ、断捨離しました!BS朝日放送~自己探訪メソッドで見えた自分の未来・断捨離やましたひでこさんに学ぶ
“家を片づけ心も整理整頓。新たな人生に挑む家族の断捨離ドキュメント”年齢を重ねるにつれて増えていく「思い出の品」や「捨てられないモノ」。そんな、モノにあふれる自宅の中で、このまま年を重ねていいのか…不安に思う年配の方や、その家族も多い時代。今、片付けを見直す人が急増しています。

「ウチ、断捨離しました!」第2弾~捨てられない3家族片づけ密着ドキュメント~能登屋さん編
「断捨離って知れば知るほど本当に奥深い!」 昨日の夜9時からBS朝日放送 ご覧になられました? 「ウチ、断捨離しました...

おかげ様で、我が家の小6の娘の部屋は
すっかり片づき、早起きが習慣となり
思考力が出てきたように感じます。

その、姉の姿を見て、次女も同じく
机の上を整理し始めました。

これからもずっと断捨離を続けていこうと思います。
ありがとうございました!

ブログランキング参加中です!
応援お願いいたします!!!

↓↓↓


断捨離ランキング

スポンサーリンク

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする