☆早寝・早起き・朝ごはんの重要性☆簡単やさい朝ご飯を食べて元気モリモリ!今日から始めましょう♪

早寝・早起き・朝ご飯の重要性

夏休みの半分以上が終わり、
夏休みの課題の提出が終わりました。

夏休み中に早起きができなかったり、
朝ご飯を食べなかったりした人はいませんでしょうか。

我が家の夏休みも朝からバタバタでしたが
とにかく朝ご飯を欠かさず摂ることだけは徹底しました。

私たちは、体の中に、1日25時間の体内時計を持っています。
でも、1日は24時間です。
毎日早起きして朝日を浴び、朝ご飯を食べることで
体内時計を24時間に合わせ、生活リズムを整えることができます。

生活リズムが狂ったまま過ごしていると
自律神経にも影響が出てしまい
体調が崩れやすくなります。

8月後半からはすぐに授業が始まります。
規則正しい生活になるように気を付けましょう。

家族そろって朝ご飯、どんなメリットがあるの?


大人の仕事が忙しく、夕食に家族がそろわない家庭も
少なくないようです。

そんな家では特に、朝ご飯が家族そろって食べることのできる
絶好のチャンスです。

子どもたちだけでの食事ですと、
食べるおかずの数や、食品数が少なくなり
栄養バランスも悪くなりがちです。

家族そろって食卓を囲むと、
子どもたちの食欲も増し
自然と食べる食品数も増えていきます。

また、一緒に食事をすると家族の触れ合いが増え
マナーにも気を配るようにんあったりと
栄養面以外でもいいことがたくさんあります。

「家族そろって朝ご飯」で1日を明るくスタートさせましょう!

家族そろって朝食を共にし、1日をスタートさせたいですね。

朝食かんたん簡単レシピ3選

トマトと卵のオープンオムレツ

【材料(2人分)】
卵2個・トマト小1個・小松菜1/2
チーズ20グラム
オリーブオイル小さじ1・塩コショウ少々

【作り方】
①ブロッコリーは小房に切り分けて、電子レンジで加熱する。約1分。
②トマトはへたをとって、2センチ程度の角切りにする。
③チーズを7ミリ程度の角切りにする。
④ボールに卵を割り入れ①~③を加えて軽く混ぜ合わせる。
⑤フライパンにオリーブオイルを熱し、強火にして④を流し入れ
軽くかき混ぜ弱火で蓋をし火を通して塩コショウで味付けて仕上げる。

簡単フレンチトースト

【材料 (4人分)】
食パン4枚・卵2個・牛乳150cc・グラニュー糖大1
バター大1・バナナ等フルーツ

【作り方】
①卵、牛乳、グラニュー糖をボウルに入れて混ぜる。
②卵液に食パンを浸す。
③フライパンにバターを溶かし入れ、弱火で両面焼く。
④フルーツを添えて出来上がり♪

モロヘイヤとエノキなめこのお味噌汁

【材料】

モロヘイヤ1束・エノキ1束・なめこ1袋(100g)・青ネギ少々
● 調味料
500ml・だしの素2袋(8g)・味噌大さじ1.5

【作り方】
①エノキは石突きを切り落として、半分の長さに切る。
②なめこは、サッと洗って水をきる。
③モロヘイヤは、固い茎は分けて、スジが固い物は取り除く。
④鍋に水とだしの素を入れて火にかけ、沸騰したら、なめことエノキを入れて煮立てる。
⑤弱火にして、2~3分煮る。
⑥煮えたらモロヘイヤも入れて沸騰させ1~2分煮る。
⑦最後に、味をみながら味噌を溶かす。

まとめ

朝ご飯は必ず摂取し、なるべく
家族一家団欒の場になるように努めましょう。

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする