「君たちはどう生きるか」漫画・原作 吉野源三郎 池上彰氏が心から感動し人生を決めた一冊!を読んだ感想。

あなたはご覧になられましたか?
日テレ土曜夜8時から「世界一受けたい授業」

10月21日放送 2時間目
【本のウソ】齋藤 孝 先生
80年前に出版された
「君たちはどう生きるか」
原作 吉野源三郎に学ぶ
人間としてあるべき姿とは

この放送をたまたま、長女と次女と
一緒に観ておりまして
授業が終わるや否や
「この本、欲しい!読みたい!注文して!!!」とな。

驚きつつも、
自分自身も読みたくなっていたのでAmazonを覗くも
入荷予定日が2週間以上先とのこと。

鉄は熱いうちに打て!と思い
楽天ブックスを見たら1週間との予定。

早速注文しましたら、本当に
約一週間で届きました!!!

娘は、小2時間ほどで読破!!!

私は、、家事の合間に読んで
約3日かけて読破!!!

拙い文章ながら
感想を以下で述べさせていただきます!!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

漫画 君たちはどう生きるか [ 吉野源三郎 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/11/6時点)

「君たちはどう生きるか」どんな内容?

全てを読んで、感動と共に
涙が出ました。

「自分の生き方を決定できるのは自分だけだ」

頭では分かっているようなことでも
実体験がなかったり、腑に落ちなかったりで
自分軸を外れて、世間体を気にしたり
他人の意見に左右されたり
自主性のない自分がいました。

しかし、この漫画を読んで思いました。

「人間としてあるべき姿を求め続ける」

ということは80年前だろうが
1000年前だろうが変わらないということに。

この小説は、今から80年前に出版されました。
あらゆる世代の人たちが生き方の指針となる言葉を
この物語の中から見出しています。

そう、小6の長女も、この本(漫画)を読み終えた時
実に清々しい顔をしておりました。

そう、ちょうど主人公の本田潤一くんは中学生で
年も同じくらい、悩みも似ていて

「自分は何になりたいのだろう?どんな人間になるんだろう?」と
疑問、不安を抱いている思春期だからこそ

読みたい!という意欲が湧き
そして一気に読み進めていったんだろうと思います。

何より、この漫画を読みたい!!!という、意欲そのものが
母としてとても嬉しかったです。

より高みに上りたい!という気持ちが
現れていたからです。

このベストタイミングで、放送をしてくださった
日テレさんにも感謝したいです!
ありがとうございます!!!

スポンサーリンク

あらすじ

主人公は、中学生の本田潤一くん。

お父さんは病床で亡くなり
お母さんと二人で暮らしています。

眼鏡をかけてちょっと、インテリ風で
でも体は小さくて気弱な感じの潤一くん。

この潤一くんのことを心配で亡くなったお父さんの遺志を継ぎ
近くに越してきた叔父さんが
潤一くんとの会話の中でコペルニクスの地動説の話になり
潤一くんのに「コペル君」というあだ名をつけました。

人としてどう生きるか悩みの最中にいる
コペル君の話し相手になり

さらには、後に彼の人生の指標となる、
言葉をノートに書き記しました。

叔父さんは元編集者で、出版社が倒産し現在失業中ではあるが
義兄の遺志を継ぎ、若者たちを導く本の出版化のことで
毎日考えあぐねていた。

潤一くんは、まずこんな経験をしました。

クラスメートの浦川くんを
一方的にいじめている山口くんという男の子がいました。

止めることも咎めることも出来ず、
自分が次の標的になるのが怖くて
周りの子と同じようにただ傍観しているだけだった潤一くん。

でも、北見くんという男の子が、
最初に突破口になってくれました。

その「勇ましき友」北見くんは、いじめっこに
襲い掛かり、さらにはクラスメート全員が
やり合おうとしました。。。

しかし。。。。。
いじめられていた浦川くんがそれを止めに入ったのです。

ここで、真実の経験について
叔父さんが潤一くんに、伝えています。

「いつも、自分が本当に感じたことや、真実心を動かされたことから出発して
その意味を考えていくことが肝心だ。」

おじさんのノート

おじさんのノートの部分は、漫画ではなく
活字でノートを開いている手が大きく描かれていて

それがまるで潤一くん=自分が読んでいるかのように
感じられる、とても面白いページになっています。

  • ものの見方について
  • 真実の経験について
  • 人間の結びつきについて
  • 人間であるからには
  • 偉大な人間とはどんな人か
  • 人間の悩みと、過ちと、偉大さとについて

どの内容も、中学生の潤一くんだろうが
私のような主婦だろうが関係なく
人としてとてもとても大切な事が書かれています。

スポンサーリンク

原作 吉野源三郎氏について

原作の吉野源三郎氏は
1899年(明治32年)4月9日生まれ
1981年(昭和56年)5月23日没
編集者・児童文学者であり
評論家・翻訳家・反戦運動家・ジャーナリスト。
昭和を代表する進歩的知識人です。
『君たちはどう生きるか』の著者として、
また雑誌『世界』初代編集長としても知られています。

岩波少年文庫の創設にも尽力したことて有名になり
明治大学教授、岩波書店常務取締役、
日本ジャーナリスト会議初代議長、
沖縄資料センター世話人などの要職を歴任した。

出典:ウィキペディア

Q吉野源三郎さんは32歳の時、
政府が禁じていた海外の共産主義運動に関与した疑いで逮捕されました。
その時、死刑を免れるきっかけになった裁判中に起こした
驚きの行動とは何でしょう?

「世界一受けたい授業」でレッツホニャララと
問題が出ていました。

正解は…裁判長にケンカを売った

逮捕後、仲間の名前を吐かせる為、
拷問を受けた源三郎さんですが、
彼は決して名前を言いませんでした。

そして、決死の覚悟で裁判長に訴えます。
「裁判長、あなたも軍人でしょう。
あなたが敵国に捕まった時、仲間を敵に売りますか?」

強い信念が裁判長を動かしました。

出典:世界一受けたい授業

スポンサーリンク

まとめ

おじさんのノートには、
ものの見方や人としての在り方
そして人間の悩みと過ちと偉大さについて
書かれていました。

中でもとても印象に残ったのは次のコトバでした。

人間が人間同士、お互いに
好意をつくし、それを喜びとしているほど
美しいことは、ほかにありはしない。

そして、それが本当に人間らしい人間関係だと、

コペル君、君はそう思わないかしら。

コペル君は、モノが実にたくさんの人間の繋がりがあることを知り
そして、中学の友達からもたくさんの学びを得ました。

さらに、おじさんのノートを読んで
自分の進むべき道が明らかになりました。

「自分の生き方を決定できるのは自分だけだ」

この事を私自身も肝に銘じて
日々を精進していこうと決意しました。

ありがとうございました!!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

漫画 君たちはどう生きるか [ 吉野源三郎 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/11/7時点)

スポンサーリンク

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする