夜尿症・おねしょの悩み解決・おススメ絵本『おねしょのかみさま』長谷川義史・大爆笑!

お子さまのおねしょ、夜尿症でお悩みのあなたへ。

お子さまがおねしょをして、お悩みのあなたへ。
おねしょって、どうしてしてしまうのでしょうか?

おねしょとは。。
寝ているとき、しらずしらずのうちに
おふとんのなかで「おしっこ」をもらしてしまうことをいいます。


これは、夜眠っている間につくられるおしっこの量と
そのおしっこをためる膀胱の大きさとのバランスが
とれていないために起こるのです。

赤ちゃんは、まだ膀胱が小さくて昼間とおなじ間隔で
ひと晩に何回もおしっこをします。
なので、赤ちゃんがするのは『おねしょ』とは言いませんね。

2~3歳になると、膀胱にためられるおしっこの量が増えるので
夜もおしっこがたくさんためられるようになり

夜の間につくられるおしっこの量も減って来ます。
おねしょは50%の割合にまで減ります。

4~5歳児になると、夜間の膀胱の大きさや溜める量も安定し
しかも夜間の尿量も減ってくるので、
大体70~80%のお子さんは夜尿をしなくなってきます。

小学校入学時でも夜尿がみられるお子さんは
10~15%程度ですから、クラスに2~3人いると思うと
わりとポピュラーな病気だといえます。

我が家の長女、次女も実は小学校一年生まで
おねしょをしていました。

我が家は特別な治療やお薬の服用はしませんでした。
しかし、おねしょって、時期に自然に治るものなのでしょうか?

スポンサーリンク

おねしょと夜尿症の違いは?原因は何?

では、おねしょと夜尿症の違いは何でしょうか?

実は、「夜寝ている間に無意識に排尿してしまう」

ということは同じなのです。

よび方の違いは年齢で、幼児期の夜尿をおねしょといい
5~6歳(小学校入学前後)以後の夜尿を夜尿症というのが一般的です。

5~6歳になっても夜尿が続く場合は、何らかの対策
例えば、生活指導やお薬による治療などが必要になってきます。

それで、病気を意味する「症」という言葉をつけて
「夜尿症」というんですね。

では、夜尿の原因は一体何でしょうか?
様々な理由があるのです。

夜尿症の原因として、昔は「子どもの性格の問題」とか
「保護者の育て方の問題」といわれることがありましたが
これは、誤った考え方です。


夜尿症の原因は下表のようなことが考えられています。
夜尿症の多くは、これらの原因が複数みられることが一般的です。

夜間の尿量が多い
(抗利尿ホルモンの夜間分泌不足)
夜間の膀胱容量が小さい
(不安定膀胱)
睡眠障害
心理的ストレス
膀胱や腎臓の器質的な異常など

出典:http://www.kyowa-kirin.co.jp/onesho/explanation/exp04.html

夜尿症の主な原因は、「夜間の尿量が多いこと」と
「夜間の膀胱容量が小さいこと」である場合が多く


夜間尿量が夜間の膀胱容量より多いためにおこるといわれています。
また、体の冷えは、夜尿を増悪させるといわれています。

スポンサーリンク

夜間の尿量が多い(抗利尿ホルモンの夜間分泌不足)

夕方以降の水分摂取量が多いと、夜間の尿量が多くなります。
しかし、夕方以降の水分摂取量が適当でも、夜間の尿量が多い子どもがいます。
夜間の尿量をコントロールするのに重要なのが、抗利尿ホルモンです。
これは、脳から分泌されるホルモンで、昼間少なく、夜になると多く出ます。
そのため、夜につくられる尿量は昼間につくられる尿量よりも少なくなります。


抗利尿ホルモンの分泌のリズムは、通常、成長とともに整ってきますが
夜尿症の子どもの中には、昼間は普通の子どもと同じなのに
夜だけ抗利尿ホルモンの出方が悪いため、夜間の尿量が多くなっていることがあります。

夜間の膀胱容量が未熟(不安定膀胱)

夜間の膀胱機能は子どもの成長とともに発達していき
夜間は昼間の1回の尿量の1.5~2.0倍はためられるようになり
4~5歳になると夜間トイレに一度も行かなくてもよい位の
おしっこをためられるようになります。
しかし、夜尿症の子どもの中には、膀胱の機能が未発達で
膀胱のためが小さいことがあります。
また、寝る前に排尿しても全部出せずに尿が残る場合もあります。

睡眠の影響

尿意を感じると、夜間に目覚めてトイレで排尿する子どもがいますが、
目覚めない子どももいます。


子どもが尿意を感じて覚醒できないのは
子どもの睡眠が深いためであり正常です。


夜間尿量の減少、夜間膀胱容量の増加は
睡眠の質に影響されているのではとの考えもありますが
まだ充分に解明されていません。

心理的ストレス

6ヶ月から1年以上の間なくなっていた夜尿が突然始まる場合は
ストレスが原因となることがあります。
下垂体のすぐ上に視床下部というところがあります。
視床下部は情緒や感情をコントロールしているところでもあり
自律神経と深くかかわっているため、強いストレスがかかると
自律神経の働きが不調となり、これが夜尿の原因につながることがあります。

膀胱や腎臓の器質的な異常など

頻度は多くないですが、夜尿症の中には、
膀胱や腎臓に器質的な異常が原因である場合があります。

昼間もパンツが濡れること(昼間遺尿症)がある場合は、
夜尿だけの子どもに比べて、器質的異常が多いことが知られています。

スポンサーリンク

お子さまへの接し方として気を付けたいこと

夜尿は、寝ている間に無意識におこるものですから
お子さまの意志とは無関係に生じるものです。

このため夜尿をしたお子さまを叱ることは、
全く夜尿症の解決になりません!
逆効果にもなりえますし、お互いのストレスになります。

また、夜尿症が治る時期は、夜尿症のタイプによりけりですし
個人差がありますので、お子さまによって異なります。

他の子や兄弟などと比較するなどしてあせるよりは
お子さまの夜尿が1年前と比較してどう変わったか、

治療により夜尿の回数がどの程度になったかなどを観察しながら、
お子さまの成長を見守ることが大切です。

また、お子さまを毎晩無理やり起こして排尿させることは
睡眠リズムを崩す原因となり避けるべきと思います。


また、お子さまの夜尿症が原因で
親子関係に亀裂が入る場合もあるので注意が必要です。

ご家族が「夜尿はないのが当たり前」と思っていたとしても
お子さまからすれば、夜尿は生まれてからずっとのことで


「自分にとっては、夜尿があるのが普通」なのに
家族に叱られると自尊心を傷つけることにもなりかねません。

繰り返し申し上げます!!!
お子さまに対しては、怒ったり、無理強いしたりしないでください!
成長を見守りながら、適切な対応を講じることが望まれます。


長年、夜尿で悩んでおられるお子さまの夜尿症が治ることは
お子さまはもちろんのこと、ご家族にとっても嬉しいことです。
一人で悩まず、積極的に医療機関に相談されることが最も重要です。

夜尿症の子どもには「夜尿症は必ず治るのだ」
ということを話してあげて、安心させてあげてください。

そして、夜尿のなかった日にはほめてあげて
家族のみんながサポートしてくれているのだ、と子どもが感じること
自分で治そうというやる気をおこさせることがとても大事です。

スポンサーリンク

おススメ絵本『おねしょのかみさま』長谷川義史

そこで、我が家の長女、次女に読み聞かせした
と~っても面白い、絵本をご紹介いたします!

その名も『おねしょのかみさま』

おねしょをすることは、特別なことなんかじゃないし
決して悪いことでもないし、普通なんだよ~

別におねしょなんかしたって気にしない、気にしない
へっちゃらさ~~~!という気持ちになれ
子どもにとってはとても勇気づけられる本です。

『おねしょのかみさま』が出てきて踊ったり
最後にオチがあったりと。。。
とてもおもしろおかしく絵本にしてあるので
2人ともこの絵本が大好きです!

中ほどには、おねしょをしないおまじないが書いてあるので
いつもそれを笑いながら唱えていましたよ~。

それと、『つめたいつめたいつめたいなぁ~おしっこの海ってつめたいなぁ~』や
『ジョージョージョジョー、ジーズーゼーゾー』などと


おしっこの表現が何ともリアル過ぎて、
大人も子供も大爆笑しながら楽しく読める本です。

親子で、おねしょなんて、へっちゃらさ~
という気持ちになれる、面白くストレスフリーになれる絵本です。
ぜひ、あなたにもおススメします♪

スポンサーリンク

まとめ

我が家には、まだ3歳のおねしょ真っ盛りの娘がおりますので
また読み聞かせしております。

読み方も色々工夫してみたり、『おねしょのかみさま』に
自分がなりきってみたり。。。と
楽しんでいます。

「病は気から」とも言いますからね。。。
親子共々、いつか治ると信じて
ドーンと構えていようじゃあ~りませんか!

ありがとうございました!!!

スポンサーリンク

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする