~子どものスマホ依存症に注意!~キレる子ども・脳の発達障害の危険性も?~プチ虐待にも?

この画像を見て、
「あ、うちの子みたい」
と思われた方はご注意!

世界中で、子供のスマホ依存症が
問題視されています。

静かになるから、
家事をしたいから
という理由から始めたスマホ育児。

どんどん止まらなくなり
果てには、スマホなしではいられない
スマホ依存症になる危険性があります。

あなたのお子さまは大丈夫?スマホ・タブレット依存症

道で自転車に乗りながら
スマホを触っている高校生を
本当によく見かけます!!!

先日、近所で自転車乗りながらのスマホを指摘され
捕まっている高校生を見かけました。

本当に危険極まりないですよね!!!
事故になる前で良かった!!

2015年6月から取り締まりが強化され
2回以上捕まると有料の講習が義務づけられても
未だに自転車スマホが多いと感じます。

そもそも、事故に遭ってからでは遅すぎます!
それほどまでにして、スマホに依存している高校生たち。
その時のスマホの内容と今後の人生とどちらが大事なの?
と、問うても恐らく「スマホ」
スマホ依存症の危険性について認識出来てないのではないでしょうか。

数年後の我が子がこんな風にスマホ依存症になって
万が一、車との事故に遭ってしまったら。。。と
想像しただけで鳥肌が立ちます。

そうならないように、今のうちから
スマホ依存症の危険性を回避すべく
今回、テーマとしてあげさせていただきました!


スポンサーリンク

スマホ依存症の子どもの現状

出典:文部科学省

こちらをご覧いただくとお分かりでしょう。
ここ数年の間に、急速にスマホが急激に普及しています。
高校生に関しては約97%が所有しており
スマホを持っていない高校生のほうが稀です。

そして、昨年に比べ、1日にインターネットを利用する時間の平均がなんと!
倍の142分となっています。
これは、学習時間を削っているのか睡眠時間を削っているのでしょうか
どちらにしろ、子供たちがネット依存に陥る可能性が大で
かなり深刻な状況と言えます。

スマホ中毒症が脳にどのような悪影響を及ぼす?

子供のスマホ中毒は、脳の「灰白質」と呼ばれる
神経細胞が存在する部分が少なくなると、
研究で発表されています!

前頭葉において発達障害が見られている結果が出ているそうです。

出典 http://corelady.jp

そしてさらなる研究では、ゲーム依存症の子供は
暴力的、攻撃的な性格になっているとのことです。
キレやすい子になるのは依存症の現れで危険信号です。

また、友達との直接のコミュニケーションができなくなり
人間関係を築くことが出来ず、学校内でトラブルを起こしたり
不登校に陥りやすくなります。
ゲームを行っていない時間において、脱力感や集中力の低下や
食欲の低下による体重の減少や視力の低下が見られる。

これらの症状は一部ですが、中には
性格そのものが変わってしまうケースもあるようです。

このような状況は脳に何らかの影響を与えているとも想定されるので
続けることで将来的な危険があると言わざるを得ないのではないでしょうか。

  

スポンサーリンク

親である、あなた自身が依存していませんか?

生後半年から3歳までが危険!
母親のスマホべったりはプチ虐待と同じ。

この文字を見た時にぞっとしました。

キレやすい子は親のスマホ依存が原因。。。

そう、それは、親がスマホを常に触っていると
子どもを無視して放置することにつながるからです。

いくら子どもが泣いてお母さんを呼んでも、
お母さんがスマホの画面ばかり見つめて
全く自分のほうを向いてくれなかったら、
子どもはどんな気持ちになるでしょうか?

自分は愛されていない、価値がない存在だと
自己肯定感が育まれないうえに

自分の欲求が通るまでいつまでも泣き叫び続けるという
感情のコントロールができない子に育ってしまうのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スマホ依存の親が子どもを壊す [ 諸富祥彦 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/9/2時点)

  

スポンサーリンク

スマホ依存症対策法はあるのか?親はどう接したらいい?

かといって、高校生のほとんどがスマホを所有し
LNEなどでやりとりをしていますから

スマホを断固として与えないことで、
仲間はずれにされたりいじめの原因となることも
ないとは言い切れません。

では、どのような対策を練ることが必要でしょうか?

上手にゲームやスマホと付き合う方法としては
親もゲームは脳に悪い影響を与えるだけではないと理解することも必要です。

研究者の中にはゲームによっては
「脳の反射神経を上げる」「記憶力を向上させる」
などの効果を上げています。

つまり、ゲームによっては考える力や反射神経が必要なため
脳のトレーニングになるというわけです。

現に娘たちは、学校でまだ習っていない漢字をゲーム内で覚えて
読めるようになったりしています。

では、どのようにスマホと付き合うようにしたらいいでしょう?

使用時間を制限を本人に決めさせる

これはとても重要で、現在の生活において
ゲームやスマホを禁止することは賢明ではありません。

逆に反発心から、余計にゲーム依存症になってしまう
可能性もはらんでいます。

適度な使用であれば良い作用もありますので、
時間を制限して行わせるようにしましょう。

時間は一日1時間程度として、子供に決めさせ
破ったとしても、スマホを没収するのではなく
なぜできなかったのか、理由をよく聞いてみましょう。

子供と一緒にゲームを選び、楽しみましょう

ゲームは内容が重要です。
暴力的な内容や過激な描写がある内容では
依存症になってしまった時の危険性があります。

パズルゲームやアクションゲームは
反射神経を鍛えて脳を活性化します。

ロールプレイングゲームは考える力や、
他人とのコミュニケーション能力を向上させると言われています。

ゲームをダウンロードする場合は、子供と一緒にゲームを選び
親も一緒に会話しながら遊んでみましょう。
親子のコミュニケーションが大切です。

  

スポンサーリンク

ゲームと運動をセットに考えよう

ゲームをしたら外で遊んだり、散歩をするど、
運動とセットでゲームを行うように誘導しましょう。

家にこもりきりでは、運動不足だけでなく
依存症にもなりかねません。

1日の生活リズムを作りあげましょう。

スマホの所有権は親が握る

塾などの連絡用にスマホを持たせるケースがありますが、
スマホの管理は親が握るようにしましょう。

常にリビングなどにおくようにして、
子供部屋での管理はさせないようにしましょう。

パスワードなども、常日頃から設定は
親に教える、と義務づけることも必要です。

まとめ

スマホ依存症が子どもの脳に与える影響が
明らかによろしくないことはうなずけます。

我々親自身も日頃から、子供の前では
スマホをなるべく触らないように
意識して行動しなければなりません。

今後、子供の世界にもスマホ以上にどんどん魅力的で
刺激的な玩具や商品が出てくると思います。

大切なのは禁止することでなく、
それらを理解した上で上手に利用して活用することなのです。

子供の脳に深刻な影響が出ないために
親が理解して上手な付き合い方を考えなければならない時代になりましたね。

お互いに精進していきましょう!!!

ブログランキング参加中です!
応援お願いいたします!!!

↓↓↓


女姉妹ランキング

スポンサーリンク

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする