『ぞくぞく村の魔法少女カルメラ』に何を学ぶ?血筋・経験・努力・自立/お子さまの読書感想文にどうぞ!

 読書感想文、どの本で書こうか迷っている中学年のお子さまに

読書感想文、課題図書ではハードルが高い
自由図書がいいけど、何がいいかわからない。。。

小学校3年生、4年生のお子様におススメなのが

『ぞくぞく村の魔法少女カルメラ』

数年前の課題図書でもあったのですが、
今年は違いますので自由図書になりますね。

我が家の子どもたちがいつも図書室で借りてくる本は
たいてい、おばけ、や魔法の本ばかりです。

女子の特徴なのかもしれませんが、
怖いもの見たさと、魔法への憧れから
この類の本が本当に大好きなのです。

興味を持ってスラスラ読み進めれられる本としても
ベストではないかと思います。

会話文が多く、テンポがいいので
あっという間に読破できます。

最初の場面では、おばけの「グー・スー・ピー」が
かくれんぼをしているシーンから始まります。

このおばけ3組が非常に面白いのです!
可愛いリボンをつけてご挨拶。
おばけなのに怖さのかけらもありません。

ですから、読み始めとして、絵もカラーですし
子どもたちが興味をひきやすい内容となっています。

 『ぞくぞく村の魔法少女カルメラ』の趣旨とは?

主人公のカルメラは、体の右半分は
赤い髪をなびかせ、赤い目をした
おとうふのように白い肌の女の子。

左半分は、はちみつ色の肌に
黒い髪のおかっぱ頭。

右側の半分だけに、こうもりのつばさが生えて
右側の口元にだけ、きばがあります。

この、半分半分のキャラクターが出来た訳はどうしてでしょうか?

右半分は、吸血女のお母さんに似ていて
左半分は、亡くなった東洋人のお父さんに似ている、とのこと。

ハーフの血が、見た目そのまんまになっているということですね。
しかし、このカルメラは、ハーフである自分が
不完全で非常に残念に恥ずかしく思っています。

憧れているお母さんのような、
りっぱな吸血女になれることが夢なのですが。。。

これは、昨今のハーフのお子さまの心境を表しているのではないでしょうか。
ハーフであるという事実から、周囲から
両方のいいところを取り両親以上の能力を求められるプレッシャー。。。

お話しの最後の方で、吸血女であるカルメラのお母さんが
すっかり自信を無くしたカルメラにこう言いました。

「なんておバカちゃん。あなたは、今のままで、とってもすてきなのに。
 あなたの左半分は、あたしが大好きだったあなたのお父さまに生き写し。
 それをなくしてしまうなんて、おバカちゃんよ。」

このセリフから、今のあるがままの自分を認めて
自信を持って生きなさい!と励まされるのではないでしょうか。

 感想文のインパクトを持たせる書き方

夏休みの宿題・読書感想文の書き方・基本編・おすすめ本とサイトご紹介します。
夏休みの読書感想文どうやって書いたらいい? みなさんは、子供の頃の夏休みの記憶ございますか? 私も30年以上前ですが、かろう...

始めに、感想文はこの本を選んだ理由や
あらすじから書き始めるのがスタンダードですが

やはり、インパクトを与える感想文としては
いきなりかっこ書きの感想から書くのがおすすめです。

例えば、
「わたしは、最初、半分半分のカルメラがかわいそう、と思いました。
でも、両方の魔法をもってるカルメラは、そのままでいいんだ!と思いました。」

など、率直な感想から書き出すほうが、
審査員の目を引く文になると思います。

過去の入賞作品を読むとそれがお分かりになるかと思います。

 まとめ

夏休みの三大宿題のひとつ、読書感想文。
どうせなら、親子で楽しんで読める本
そして、学びを得られるがいいと思いませんか。

夏休みの三大宿題の一つ、読書感想文をやっつけろ!課題図書の紹介・小学生1年生2年生向き
「夏休み 子どもにとっては 楽しみだ」 「夏休み くる度親は ため息だ」 夏休み三大宿題と言えば、読書感想文、工作、...

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする