ウチ、断捨離しました!BS朝日放送~自己探訪メソッドで見えた自分の未来・断捨離やましたひでこさんに学ぶ

出典:BS朝日放送

住んでいる場所も家族構成も全く違う
この4家族の画像。

泣いている方もいれば
清々しい笑顔の方もいます。
しかし、皆の悩みは一つなのです。

そう、それは。。。

「モノが捨てられない」

その悩みの解決方法。
そう、それは

断捨離

しかし、いざやろうと思っても
どこから始めればいいのか分かりませんよね~。

そんな時は、実際に断捨離している現場を
見させていただくのが一番!

この番組は、4家族の断捨離「片づけ密着ドキュメント番組」

とっても充実した内容でしたよ~!

第2弾、12月7日放送はこちらからごらんくださいませ。

「ウチ、断捨離しました!」第2弾~捨てられない3家族片づけ密着ドキュメント~能登屋さん編
「断捨離って知れば知るほど本当に奥深い!」 昨日の夜9時からBS朝日放送 ご覧になられました? 「ウチ、断捨離しました...

捨てられない4家族の片づけ密着ドキュメント

6月26日(月)よる7:00~8:54から

「ウチ、断捨離しました!」

捨てられない4家族 片づけ密着ドキュメント
が放送されました!

あなたはリアルタイムでご覧になられましたでしょうか?
私は、夜は子供たちのお世話で忙しい時間だったので、
じっくりと録画していたのを見ました~。

第2弾12月7日放送はこちらからご覧ください~。
一組ずつレポートさせていただきます!

「ウチ、断捨離しました!」第2弾~捨てられない3家族片づけ密着ドキュメント~能登屋さん編
「断捨離って知れば知るほど本当に奥深い!」 昨日の夜9時からBS朝日放送 ご覧になられました? 「ウチ、断捨離しました...

簡単に番組内容をご説明しますと。。。

“家を片づけ、心も整理整頓”

新たな人生に挑む、家族の断捨離ドキュメント”

年齢を重ねるにつれて増えていく
「思い出の品」「捨てられないモノ」

そんな、モノにあふれる自宅の中で
このまま年を重ねていいのか…

不安に思う年配の方や、その家族も多い時代。
今、片付けを見直す人が急増しています。

そんな中、不要なモノを減らし、
生活に調和をもたらすことを目指す

「断捨離」を提唱する
クラター・コンサルタントのやましたひでこさん

関連書籍は累計300万部を突破し、
全国各地で行われる「やました断捨離塾」には応募が殺到。
「断捨離」旋風を巻き起こしています。

片づけに悩む人々が、やましたさんのアドバイスの元、
自宅の「断捨離」に挑む様子に密着します。

しかし、ただモノを選び、
捨て、片づけるという行為なのですが。。。。

「夫婦」とは「親子」とは
「私が本当に望むもの」とはいったい何か???

と自分を見つめることになってゆきます。

4家族それぞれが
様々な悩み、焦り、葛藤、不安、誤解、涙、怒りを感じつつも
断捨離後は、安堵感と、そして笑顔が取り戻されました。

いろんな感情がごちゃ混ぜになって出てきて
そして、断捨離することで、どんどん見えてくるものが

以前の断捨離を始めたばかりの自分自身とシンクロして
余計に涙なしでは見れませんでした。

また、ナレーション担当の平泉成さんの
柔らかな声がたまらなかったです。

まさに断捨離は、隠したい自分自身と向き合わなければならない
辛い場面も多々あるのですが
平泉さんのゆったりとした口調で優しさに包まれる感覚です。

断捨離の基本的考え方をまとめた記事はこちら

断捨離で日々是ごきげんに生きる知恵/やましたひでこ・なぜ手放すことで人生が動き出すのか?
断捨離という言葉が定着してから、はや7年が経ちます。 私個人にとっては、去年から本格的に断捨離を勉強し 取り入れてきました。 ...

最初に発刊された、断捨離の本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新・片づけ術断捨離 (マガジンハウス文庫) [ やましたひでこ ]
価格:565円(税込、送料無料) (2017/9/3時点)

スポンサーリンク

それぞれの家族の断捨離で一番変化したもの。それはココロの在り方

終活を考え中の70歳手前のご夫婦

最初のご家族は、70代が目の前になったご夫婦。
お子さまも1人立ちし離れていった。

しかし、親の遺品整理に苦労した経験を踏まえ
「私たちも子供に迷惑をかけないように。。そろそろ、終活でもしようか。。」
という考えになってきたそうです。

しかし、やましたひでこさんはおっしゃいます。

「終活は、誰のためでもない、
自分が今これからの人生を
 楽しく生きていくためにやるんです。」と。

そうですよね。
終活という言葉が一人歩きしていましたね。

何も「終活」は、死に向かっての準備などではない。
今、この時間を楽しく生きるための行動なのである。

それで、一念発起、奥様が自分の長年溜めこんでいた
趣味の洋裁部屋に放置してある大量の布きれを処分。

やましたひでこさんに、

「使われないで放置してあるものはミイラと同じですから
 ミイラは火葬して旅立たせてあげましょう!」

と言われた奥様は、
捨てることの罪悪感から解放された、とのことでした。

詰め込まれたものが吐き出され
清々しい空間、そして自分の自由な時間、
笑顔、お気に入りの高級食器でお茶をご主人と飲む時間が持てました。

クローゼットが片づけられないという主婦

う~ん、クローゼットを開ける瞬間
ドキリとしました。

身につまされる。。。。
きっと、私自身のことだからですね。(;’∀’)

とにかく、詰め込み詰め込み。。
見えないからと言って、120パーセント位
押し込めるありさまです。

そこで、やましたひでこさんの

  • おススメ収納術「7:5:1」の法則
  • 「三分割」の法則

を用い断捨離していきます。

クローゼット内の残り3割はモノの通りみち
これを意識して収納すると
しまうときも探すときもスムーズですよね~。

「自分は片づけが出来ないダメな主婦」と
自己肯定感が低かった方でしたが
「自分はやれば出来るんだ」という
自信につながった断捨離でした。

スポンサーリンク

断捨離で得られたもの・笑顔と新しい人生の再スタート

一緒に寝室で寝ていないご夫婦

どこにでもあるような
お二人の女の子がいらっしゃるご家族ですが。。
何か、断捨離を始めたばかりという
奥様の様子がおかしいです。

「主人が溜めこむタイプで片づけられないんです!」
「寝室がこのような状態なので、ここ何年も
リビングのソファーで寝ているんです」とのこと。

やましたひでこさん曰く

もめごとはチャンスです。

新しい価値観を押し付けてはいけない。
わかっちゃいても、ついついやってしまいがちですよね。。。

う~~~ん、それでも一生けんめいに断捨離をしていくも
奥様はご主人が断捨離してくれない、とそればかり気にしている。

やましたひでこさんの喝がはいり
お互いに今までココロの奥に閉じ込めていた思いを全て旦那様に

打ち明けると。。。自然と笑みが。
そうなんです、お互いに誤解し合っていたのですね。

「気持ちはすれちがってしまってはいたけれど
 相手を想う気持ちは変わっていなかった」

断捨離を通して2人が手に入れたもの。。。
。。。それは、
「誤解」という名の埃を吐き出した
新しい暮らしでした

断捨離を通して、改めて夫婦愛を知ったご夫婦。
奥様の笑顔が戻ったことがホント
自分のことのように嬉しいです。

スポンサーリンク

頑張り過ぎていたお母さん

最後のご家族は、ご主人が長期出張で不在。
ご長男が留学中、そして大学生の女の子をもつ
お母さんの二人暮らしのお宅。

19歳の娘さん、帰ってくるなり、お母さまとハグ。
1日に5回くらいしないと不安なのだそう。

それはそう、娘さんには自分の部屋がなく、
いつもお母さんと一緒に寝ていて

普段の大学の勉強もダイニングテーブルで
母親の見守る中でしている。

親離れが出来ない娘さんに、お母さんは
納戸のようになった部屋を明け渡したい。。。
とのことでしたが。。。

実は。。。。寝室である和室がこの状態。

早速、断捨離に取り掛かります。
どれもこれもお気に入りの思い出の詰まった
読み聞かせし続けた絵本ばかり1100冊

しかし、本棚から本を出し断捨離選別をして
空になったくたびれた本棚を見ていたら。。。。

「本は子供で、くたびれて折れてしまっている本棚が
 まるでおんぶしているお母さんみたい。。。。」

このとき、りえさん、ココロの中が空っぽになった、
そんな感覚に襲われていたといいます。
そして。。。。気づいたんです。

あの本棚は「自分」だったんだ、と。

子供たちを立派に育てなければと、
無理をして、全部しょいこもうとしていた自分自身

断捨離が教えてくれました。
人生で、片づけなけなきゃ~いけないのは家だけじゃ~ない。

ココロもその都度整理しなきゃ。
そして、もう一つ、

頑張れば、ひとは、変われる。。。って、コト。

断捨離が一区切りし、やましたひでこさんがお目見え
スッキリとした和室で一緒に寝転がり
「がんばったね。。。」と先生も思わず涙が出てしまいました。

無事に断捨離を取り入れ
自分自身と向き合い子離れできたお母さん、素敵な笑顔でした。

そして、娘さんも自立に向けて前進し
とても落ち着いた清々しい表情を見せてくれました。

スポンサーリンク

まとめ

どのご家族もごく普通のご家庭で、
モノを溜めこんでいたので

「片づけたい!」「スッキリしたい!」「片づけ方を教えて欲しい!」
最初はそのようなきっかけから始まりましたが。。。

断捨離を始めて、自分の執着心に気付いてくるうちに見えてくる
自分自身への過小評価、家族への誤解

そしてそれを理解したとき腑に落ちた時に見えてくる
これからの希望とストレスのない楽しい生活。。。

本当に本当に断捨離って奥深いのですよ!!!

断捨離は、している行為は地味かもしれませんが、
まさに自分探し、宝探しだな~って感じました。

いや~しかし、私最後のお母さんを見ながら
ずっと涙が止まりませんでした。
子離れできてない自分自身を見るようでしたから。

我が家も、ずっと捨てられないものがたくさん詰まった
誰にも見られたくない納戸がありました。

そこを断捨離していて気づいた事
自分自身の過小評価、自己顕示欲、自己肯定感のなさ
主人や子供たちに対する誤解。。などなど

涙を流しながら捨てて捨てて捨てまくり、
でも泣いた後はスッキリしました!

皆様にもぜひ断捨離=自己探訪をおススメします!
最後までお読みくださり
ありがとうございました!!!

ブログランキング参加中です!
応援お願いいたします!!!

↓↓↓


断捨離ランキング

こちらもおすすめです~!

「ウチ、断捨離しました!」再放送を見て。やり方だけでなくあり方の大事さを改めて学ぶ。
昨日、夜9時からBS朝日放送 ご覧になられましたか? ウチ、“断捨離”しました! ~捨てられない4家族 片づけ密着ドキュメント~...

子どもの学力は「断捨離」で伸びる!クラターコンサルタントやましたひでこ著・4年後の新入試で「受験勝者」になる親子の戦略
2020年を目途に「大学入試センター試験」 が廃止されるのはご存じの事と思います。 そして、大学入試に求められる能力が これまでの「覚...

☆節約の断捨離☆その節約本当に必要?節約の目的、気持ち、今後を考察してみた。
節約生活。 主婦にはつきまとうこの精神。 家計を頑張ってやりくりしていても なかなかうまくいかない。 ...

スポンサーリンク

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする