断捨離とミニマリストの違いは?人気ブロガーやまぐちせいこさんから学ぶ。意味と方法論。おすすめ本/無印良品で始めよう。

なんと!スッキリした空間でしょう!!!
ミニマリストの方のお宅です。

こんなモデルルーム以上にスッキリしたお部屋にいたら
頭の中もさぞかしスッキリしそうですよね!

そんなミニマリストブロガーを探していたら
やまぐちせいこさんを見つけましたので
ご紹介いたします!

人気ミニマリストブロガーやまぐちせいこさんのご紹介

人気ミニマリストブロガー・やまぐち せいこさん。

引用:instagram


写真でお見かけする限り、ほんっとーーに家族4人暮らし?
って、疑いたくなるほどスッキリしたお住まいで
新築の内覧会に来たかのようですよね!

ブログ『少ない物ですっきり暮らす』
書籍で紹介されている自宅は、
どの部屋も明るくて色彩が少なくてすっきりとしていて
落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

まさに、少ない物ですっきりした空間です。

テーブルや棚の上に全く余計な物がないので
空間が広く感じられますし、思わず深呼吸したくなるお部屋ですね!

ミニマリストとは、自分の人生の中で大切にしたいこと、集中することのために、暮らしの無駄を見直し、新しいアイディアやライフスタイルを実践する人々のことです。

4人家族のお母さんであるやまぐちさんのご家族は
ミニマリストではなく、むしろ片付けが苦手だそうです。意外ですね。

片付けが苦手だからこそ、少ない物で暮らすことで
生活がとっても楽になるそうです。

大事な物をなくして探し回ることもなければ
掃除が面倒で苦痛になることもないそうです。
うらやましい限りです!!!

スポンサーリンク

ミニマリストは「捨てなくていい」???

では、「ミニマリストとは?」一体どうしたらなれるのでしょう?
どんどんモノを捨てればいいのでしょうか?

ミニマリストというと、「必要最小限の物だけで暮らす人」
だから、モノを減らしまくらなければいけないように思いますが。。。

どうも、やまぐちさんの考えはちょっと違うようです。

 「ミニマリスト」とは、自分にとって大事な物を大切にすること。

価値観は人それぞれですから
『ミニマリストとは、こうあるべきだ』
という答えはないそうです。

しかし、そんなミニマリストを目指すには、
まず何から始めれば良いのでしょうか。

やまぐちさんは、次のようにおっしゃっています。

 「ミニマリストといえば、物を何でも捨てる人と思われていますが、あえて私は『捨てなくていい』といいたい。これは、今日最もお伝えしたいことです」

出典:みんなの暮らし日記ONLINE

なぜ敢えて捨てなくていいのか。
それにはきちんとした理由があるそうです。

捨てることから始めると、
物の多さや、どれを取捨選択するかという作業につまずき
そこでやる気がなくなってしまう人が多いのです。

また、うっかり大切な物まで捨てて後悔する
というリスクもあります。

ミニマリスト入門者が目指すべきは、
まず「ミニマリストの生活を“体験”してみること」

それが、やまぐちさんの提案だそうです。
では、どうやって体験するのでしょうか。

やまぐちさんが、ミニマリスト入門者に
まず体験してもらいたいミニマリストの生活は、
「掃除や暮らしの快適さ」だそうです。

そこでお勧めするのが、ダンボールの活用です。
家具からあふれている物を、とりあえず
全部ダンボールの中に片付けてしまうそうです。

一時的ですが「物を減らした状態の暮らし」のできあがり。
やまぐちさんご自身も、本格的なミニマリスト生活に入る前に
ダンボールを使って「物を減らしてみる」ことから始められたそうです。

そうして家具の上にあったモノがなくなったことで
食事の前後にテーブルを拭く“ついで”に
棚なども簡単に拭けるようになりました。

信じられないほど掃除が楽になり
いつもぴかぴかの状態を保てることがわかると
もう以前の状態には戻れなくなったそうです。

次にミニマリスト初心者にお勧めなのは
「服・インテリア・収納を記録する」ことだそうです。

つまり、いまある物や収納を記録して「見える化」することで
「実はこんなに持っていたんだ!」という気付きを得るわけです。

ミニマリスト生活を続けていくには、
捨てる以上に物の買い方を考えないといけません。

物を記録すれば自分が客観的に見えるようになり
「同じような感じの服が多いな」
「この色やデザインは好きだけど、似合わないな」
などの気付きを得られ衝動買いも減ります。

スポンサーリンク

断捨離との違いは?

あくまでも、私個人の見解ですが、断捨離とミニマリストは
似通っているようで、違うと思います。

断捨離は、ヨガの断行、捨行、離行から着想を得た
人生の行動哲学。

どうしても「捨てる」という行為から始めるので
断捨離は捨てることがメインのように感じられますが
私個人の意見としましては、行きつくところは
「執着心から離れる」だと思います。

この、「捨てる」という、敢えて苦しい辛い修行をし
モノを取捨選択するトレーニングを何度も何度も積まなければ
人間は忘却の動物ですし、すぐに楽な方向に行ってしまいます。

モノに対する執着心から離れるためには、
とにかく不要・不適・不快なモノをどんどん捨てて捨てまくり
「なんだ、なくても大丈夫だ」という思いと
捨ててしまって「しまった!」と後悔を実際に味わってみないと
習慣として身につかない、と実際に私がやってみて感じたからです。

もちろん、理想のスッキリ生活をイメージすることや
モノを一時的に減らすことは大事です。

人って、習慣がつくまでには約3週間もかかりますから
毎日毎日、ノート一冊、鉛筆一本、賞味期限の切れた食材一つでも
コツコツと取捨選択し捨てて、苦い思いを経験することで
次のステップ、「余計なモノを取り込まない」という領域に
たどり着けるのかな。。。と思います。

ブログ内に、やまぐちせいこさんの
10数年前の住まいの様子が写真にありましたが、
既に、取捨選択された、お気に入りのモノに包まれた
素敵なお住まいに感じます。

私のような、家の中も頭の中もグッチャグチャの
重症のゴミハウスの住人には、
理想のすっきりミニマリスト生活はかなり程遠く感じるので、
まずは「断捨離で修行が先!」と感じました~。

断捨離で、モノへの執着心がなくなってから
ミニマリスト目指して頑張りたいと思います!!!

スポンサーリンク

まとめ

ミニマリスト、やまぐちせいこさん。
理想のスッキリ生活。
本当にうらやましい限りです。
なにより笑顔が素敵なのは、毎日イライラしていない証拠。
やまぐちさんのブログ内で一番共感できたのが
「いつもニコニコお母さんでいたい!」
というところ。

ミニマリスト生活が実践でき、
いつもニコニコお母さんでられるなら、
ミニマリスト本気で目指したい!と思いました。

インテリアや収納も徐々にチェンジしていきたい
と色々目論んでいます。
やはり、無印良品は、色彩がモノトーン系
ナチュラル系がほとんどなので
住まいの統一感を出すにはもってこいですよね!

熟読して、断捨離アン→ミニマリスト目指して
邁進していきたいと思います!!!

ありがとうございました!

スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無印良品とはじめるミニマリスト生活 [ やまぐちせいこ ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/9/9時点)

ブログランキング参加中です!
応援お願いいたします!!!

↓↓↓


断捨離ランキング

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする