断捨離のやり方その1!家事を断捨離するべし!これで年末大掃除すらも断捨離出来る?

いよいよ、今年も最後の月。
師走に入りました!

お掃除している女性の写真を見て
「あぁ~~~」とため息をついているあなた!

何を隠そう、私自身も12月、師走、と聞くだけで
なんだか心が慌ただしく、
「あーー!あそこも、ここも掃除しなくちゃ!」
と焦りを隠せませんでした。

いざ大掃除となり、掃除し始めるも
全然追いつかず、見た目もココロも
全部中途半端な気持ちのまま
毎年新年を迎えていました。

しかし、今はそれほど重く感じられなくなりました。

この心境の変化はいったい
なぜなんでしょうか?

日々の断捨離でモノを減らしていく積み重ね

なぜなら、この1年間、
家事を減らすために
日々断捨離しモノを減らしてきたからです。

まずは一番やっかいなキッチンからやりました。
毎日シンク磨きや排水溝磨きを行い

余計な便利グッズや、100均グッズ
タイルに貼り付けた吸盤に
ずらりと並べてあった調理器具も
全て手放し、まっさらにしました。

調味料類もすべて引き出しに収め
見た目空間スッキリを目指しました。

特に、シンク横の調理台に関しては
常に毎晩まっさら何も置かない状態に
リセットすることを心がけました。

すると、水滴一つさえ気になり
布巾で拭くようになったのですが
今度はこの布巾が日が経つごとに厄介モノに。

なぜなら、真っ黒で決して衛生的とは言えない
そんな状況になってくる。
これすらマイナスイメージなので
布巾が汚れてきたら、レンジ周りや
ちょっと気になる、棚の上などを
ササッと拭いて捨てる。

そんなことを毎日繰り返していたら
キッチン周りがあまり汚れなくなりました。
もちろんIHクッキングヒーターの上も。

換気扇に関しては、8週間に1回
ダスキンさんにお願いして
フィルター毎交換しているので
常にキレイを保てています。

もちろん、年末の大掃除はしますよ~。
一大イベントですから!
それに子供たちとやるとホント楽しいですからね~!

ですが、圧倒的にやることを減らしました!

やるのは、
エアコンフィルターの掃除、トイレ掃除
カーテンのお洗濯、拭き掃除に、埃落とし
ガラス磨きに鍋磨き、色々残してありますよ~~。
そして子供たちや主人にも手伝ってもらう
役割分担をしました。
そうすることで圧倒的に時間短縮になりますし
皆がとっても清々しいいい気持になれます!

スポンサーリンク

まとめ家事の危険性

日々、家事を後回し後回しにすると
大変なことになります。

まずは、コンロ周りの汚れ。
毎日丁寧に拭いていれば
汚れがこびりつくことはないのですが


どうせ年末にするから。。。
とそのままにしておくと
頑固になって、いざ落とそうとしても
かなり時間がかかってしまうこととなります。

そして、衣類もそう。
衣替えの度、下着購入の度に
どんどん断捨離して
タンスの中を整頓しておけば

大掃除の時に、大掛かりな
衣類の移動などもいらないのです。

この際、いつくるかわからない
来客のためのお布団も廃棄してしまいましょう。

なくても、なんとかなるんです。
レンタルもあるし、他で代用も出来ます。

「これがないと不安。。」というモノ
そのものをなくしてしまっても
案外大丈夫なものなのです。

そして、その成功体験を重ねれば
別になくても大丈夫、
さらに、余計なモノを溜め込むことも
少なくなっていくのです。

スポンサーリンク

具体的な家事の断捨離の方法

それは、やはり、断捨離提唱者の
やましたひでこさんに学ぶべきですよね~。

ただ、やましたさんは現在
夫や息子さんとは別居中。

家事そのものが必要ない状況ですから
そのまんまを真似することは
我が家のような5人家族には
厳しいかとは思いますが

その、方向性といいますか
考え方が非常に参考になりますので
あなたも是非一緒に家事を断捨離してみませんか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

家事の断捨離 モノが減ると、家事も減る [ やましたひでこ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/12/6時点)

スポンサーリンク

まとめ

来年新年を、清々しい気持ちで迎えるため
禊としての行事、大掃除。

これは、毎年恒例行事として
我が家は盛大にやりたいと思いますが
ちゃんと、年末までにやりきれる分だけをする
と計画を立てようと思います。

そして、自分に100点満点を課してから
新たな年を迎えたいと思っております。

日々の家事の断捨離を行い
たった1年でここまで変わるとは思ってもみませんでしたが

このモノに溢れた時代に生まれてしまった故に
モノがそこにあることへの悩みが尽きないのだな、と
改めて感じます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする