年末年始の三大行事の一つ、年賀状を断捨離したいあなたにオススメ!レターポット~キンコン西野氏に学ぶ

毎年恒例の年末年始行事といえば
大掃除・初詣・年賀状

それらを断捨離しちゃったら
どんなに心が楽なことか!!!

そう思われたあなたは
この三大行事が面倒で疲れる。。という
印象が強いからではないでしょうか。

実際、私がそうでしたから
よくわかります!!!

では、この三大行事は全く
外せないでしょうか?

年賀状の断捨離の前に、その目的を考える

先日、大掃除の断捨離の記事を書かせていただきました。

普段から断捨離マインドで
不要不快不適なモノを減らし
掃除をこまめにしておけば
全く大掃除に困らないので、
極力少ない労力で済んでしまう!
というお話しをさせていただきました。

日々の断捨離で大掃除は必要なし?!潜在意識とは?空間のエネルギーから得られる恵みとは?
クリスマスが終わり いよいよ年の瀬ですね! 巷では、大掃除のCМや 大掃除のニュースで持ちきりですから 「あ...

では、次に

断捨離提唱者のやましたひでこさんが
実際に実践されている

年賀状を断捨離したら。。。
いったいどうなるのでしょうか?

しかし、そもそも
年賀状の目的とは何ぞや?ということなのですが
年賀状の交換は我々日本人の習慣として
根強く定着していますし
年賀状は日本人にとって
国民的行事と言っても過言ではありません。

ですから、自分だけ「いち抜けた~!」と
簡単には辞めづらいですよね。。。

年賀状の歴史は、とても古く
平安時代までさかのぼります。
同時に「年始回り」も始まったそうです。

ですから、「年賀状」イコール
「年始回り」に行けない方へ送る新年を祝う書状
と捉えればよろしいでしょうか。

年賀状を出すことが一般にも広がったのは、
明治4年(1871年)の郵便制度開始がきっかけ。
さらに、お年玉付年賀はがきが
昭和24年(1949年)から発行されるなどして、
すっかり国民的行事になりました。

そして、明治38年(1905年)には約1億枚だった年賀状が
現在では約34億枚まで増えました。
国民一人あたり約27枚という計算です。

実は、数年前に、年賀状お年玉の景品で
ハワイ旅行が当たった友達がいるのです!
実際に新婚旅行として行ったのですよね~~~。
どんな景品でも当たると嬉しいもの。
「年賀状」が年始の運試し
宝くじのプチプレゼントという
感覚も併せ持っているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

実際に出来そうなこと。。枚数を減らしてみる

こんな具合に、1000年以上も続いている
国民的行事である年賀状。

簡単にやめることは難しいと感じたあなたは
枚数を減らすことから始めましょう。

年に一度の年賀状だけのやりとりになっている
それだけの友人関係って、どうでしょうか。

そういった、建前だけの関係
年賀状になんの一言もコトバを沿えない友人は
一度、年賀状を出すのをやめてみましょう。

そして、自分で「今年は○○枚までに減らす!」と
枚数を制限してみて
そこから、去年の年賀状を眺め
選別をしていきます。

それは簡単に出来ると思います。
しかし、その年賀状を送らないのに
来てしまった場合はどうでしょうか。

そうなったら、自分は年賀状を
出すのをやめたと正直に伝えることが
いいのではないでしょうか。
わざわざ電話ではおかしいので
メールで簡単に。
それを機に、交流が始まることだって
あるかもしれませんしね。

スポンサーリンク

代わりになるもの「レターポット」のご紹介

キンコン西野氏のブログを読んでいると
ためになる記事がたくさんあって楽しい。

最近の世の中の仕組みの変化や、
お金、労働、信用に関する
マインドを変える心構えなど
目からうろこの情報がたくさん。
そこで、「おーーこれこそは年賀状の断捨離!」
と思ったのが、「レターポット」

一文字(=1レター)5円で
100文字税込み540円から購入できる。
フェイスブックで同期している友達で
レターポットを登録している友達に送ることが出来るんです。
それってすごいですよね!
キンコン西野氏にも直接送れるのですよ!

レターポットで文字を贈ると、
自分の手持ちの文字が減る。
だから、限られた字数で思いを込めることが出来る。
そして、贈られた側は、その仕組みをもう理解している。
レターポットという世界の住人は、
その世界の中で交換されている文字に
価値があることを知っている。

スポンサーリンク

まとめ

年賀状の目的、必要性を考え
そして、人間関係の断捨離

それから派生して、
言葉、文字への想いの込め方などを
ここ最近学ぶことができました。
色々視野を広げて型から外れて客観的にみてみると
気づきがたくさん得られて素晴らしい人生を
送れるのではないでしょうか。

これをきっかけに、わたしも
レターポット登録してみました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする