断捨離の効果が一番出た瞬間は?ズバリ収納の断捨離。家具を手放すことで広い空間を手に入れよう!

断捨離に気付きを得させていただき
ただもう夢中で本を読んで
夢中で断捨離をし続けてきて
約1年が経ちました。

家事育児の合間に細々と続けておりましたが、
「最も断捨離効果が出た!」と感じた瞬間が
今までに何度もありました。

それは、片づけて片づけているうちに
収納するモノが減ってきて感じた気づき。
「このタンスって要らないんじゃ?」

「この収納つきテーブル全然使ってないよね?」

そうなんです。
収納家具そのもの
断捨離した時なんです!

資源回収センターへ空になった家具を
トラックで運び、処理してもらった時。

そして、帰ってから出来た
空間を見た時の清々しい気持ちといったら~
ルンルン♪

断捨離はただ捨てるだけでも
ただ収納するだけでもなかったんだぁ~と
さらに気づいた瞬間でした。

そんな目からウロコの「収納家具の断捨離」の経験談
お伝えいたします~。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

見てわかる、断捨離 決定版 [ やましたひでこ ]
価格:979円(税込、送料無料) (2017/11/15時点)

断捨離での気づき。モノも収納も全然活かしてなかった自分。

さぁ~いざ断捨離開始!
二階のタンスのクローゼットを開けて
ふと気づきました。

ぎゅうぎゅうに詰め込まれたタンスには
全く着ていない服ばかりでした。
私は、モノを少しも活かしていないばかりか
ただ収納していただけ。

そして、そんな活かされていない収納家具ですから
開ける頻度も低くなっていき

なぜか、収納家具、クローゼットの開き戸の前に
モノが散乱、山積みに。。

それじゃあ、益々クローゼットを
開けなくなってしまいますよね。

そんなかんなで、どんどん部屋が狭くなり
窮屈な空間が当たり前になっていたんですね。

何年も、無意識に、無自覚に。。。

本当に愕然としました。

同時に、どんどんゴミ袋に服を入れる手が進みました。
モノは活かされる場所へ手放してこそ
活かされるんだと。

何十年も前に買った服。
私の仕事服。
思い出もありましたが、
もう二度と着ることはないので
気持ちよく手放しました。

そして、クローゼットは空になりました。

スポンサーリンク

収納とは何のためにあるの?とりあえず突っ込んでない?

タンスの引き出しをひとつずつ
全部出してモノを選別していって
気付いたのが私の悪い癖。

そう、ただただ突っ込んでるだけ!!!(笑)

笑っちゃうほど突っ込まれてました。
ちょっとしたものがなぜ捨てられなかったんだろう。

本当に不思議です。
何年も前の電気料金や税金
携帯電話の請求書、領収書。

DMや、友達からもらった手紙
分類毎になっているようで
全然なっていませんでしたし

重要度も使う頻度も別々なのに
なんで同じ引き出しにあったの?

あ~~~

ただ突っ込んでいるだけだったんですね。
いつか整理しよう、とただ突っ込んでいただけ。

でも、結局忙しいのを理由に整理しない。
ただ突っ込んでいるだけ。
それはゴミ箱よりも
全く活かされていない収納。

そもそも、収納の用途は何だろうと考えた時
使っているモノを仕舞い
また使う時に取り出しやすくし
自分じゃない誰かにも
ここにコレがあるんだよ、と
覚えていてもらって
その誰かにもすぐに取り出せて
使ったらまた仕舞えるようにする。

それが収納じゃないのかなぁ~と
思うんですよね。
自分なりの見解ですが
収納に対する偏見があった自分に
気づかせてもらいました。

スポンサーリンク

収納家具によりどんどん狭窄していくのは空間と思考

モノが片づかないのは収納する家具が
ないからなのでは?と

次々と家具屋さんやホームセンター、100均で
収納用具を購入する人がいます。

片づけていると、その時は片づいているように見えるのですが
実際は大変な空間を占領されていることに
気づかないんです。

せっせと、衣装ケースに洋服を
詰め込んでいたかつての私がそうでした。

衣装ケースは本当に厄介ですよ。
一番下の洋服なんて見えないし
取り出すのにかなり苦労します。

そして、これは、私と子供の夏服。
そうやって仕舞って置いておいても
結局来シーズンに着なかった。。。

そのうち、子供は大きくなり
サイズアウト。

リサイクルショップに持っていくのも
面倒だし、大してお金にもならないし

で、また「誰かにあげよう」と仕舞う。
だんだんそうやって空間も思考も
狭窄していくんですよね~。
まさしく負のスパイラルです。

この、1年間で、その厄介者の衣装ケースを
10箱以上空にしバイバイしました。

収納道具を捨てるのは勇気のいることですが
その体験を踏まえてこそ
次の収納家具を買おうと検討するときに
よくよく吟味して選べるようになると
思いませんか?

スポンサーリンク

まとめ

私が、断捨離した収納家具。
具体的には、洋服を片付けるクローゼットと
収納つきテーブルでしたが

この二つを手放したことで
得られたのは、清々しい空間
深呼吸できる空間でした。

それから、モノは収納しなければならない
という固定観念も捨てることが出来ました。

ちなみに、収納つきテーブルは
義母からいただいたものでした。
収納するどころか、上にモノが山積みで
全く機能していませんでした。

いただいたものだから捨ててはいけない
使ってはいなかったけど
とっておかねばならないという
そういう執着心も取っ払うことが出来ました。

もちろん、義母さんには
使ってないから捨てた
などは話していませんが(笑)

いつか話す時が来るのかなぁ~~(笑)
「あれ、高かったのよね~」なんて
言われても
「あらぁ~すみません!全然使えなかったので!」
と、笑い飛ばせる自分が今います。

本当に断捨離に感謝です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新・片づけ術断捨離 (マガジンハウス文庫) [ やましたひでこ ]
価格:565円(税込、送料無料) (2017/11/15時点)

スポンサーリンク

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする