ミニマリストのおしゃれな部屋を目指そう!クリスマスのディスプレイはどうするの?コンセプトは?

毎年やってくるクリスマス。
11月になると街はクリスマスディスプレイで
華やかになりウキウキしますよね!

子供たちは、それを見て、「うちもクリスマス飾りしよう!」
と、鼻息荒く豪語します!

しかし、小さな家に豪勢なクリスマスツリー。
どんだけ~~~!って位に
飾りつけをしまくっても
統一感なかったり、

クリスマスの度に、頭を悩ませるのが
クリスマスディズプレイの後片付け。

出すのはめっちゃ意欲的なのに、
だぁ~~~れも手伝ってはくれません( ノД`)シクシク…

どうしたらいいのでしょうか?

これは、やはり

ミニマリストさんに習うしかありませんね!!!
どんなディスプレイをされているのでしょうか。

いろいろ参考にさせていただきたいと思います!

私自身が好き!と思えるディスプレイはこれ!

とにかく、去年と同じごちゃごちゃディスプレイの
映像は記憶から消し去り

頭を真っ白にしてから、
ピンタレストで、色々画像を見てみました。

一番、自分が惹かれたディスプレイはこれ。

クリスマスのイメージ色の定番といえば、赤と緑

その色たちがないのに、なぜかクリスマスイメージが保ててる!
実にナチュラルテイストのツリーで
しかも、床置きじゃない、というところがミソですね。

そして、生木が醸し出す柔らかな
自然の雰囲気が出されています。

床に置いちゃうと、重々しく感じるというか
その下のお掃除が大変。。。とかいう印象です。

続いてはこちら。
定番のツリーのように見えますが
植木鉢が白、というのが
清潔感が保てているのではないでしょうか。

少し、生活感出ている写真ですが
でも、ツリーは至ってシンプルですね。

やはり、赤や金色といった
派手な色がたくさんないほうが
落ち着いた大人のクリスマスディスプレイになりますね!

写真を選んでいて自分の好みが
段々とわかってきました。

自宅がログハウスなので、
ナチュラルテイストにすごく
親近感が湧くのだと思います。

だから、この写真のように
ツリーの足元が木で出来てる
という、たったそれだけで
惹かれる魅力がこのツリーにはあります。

ん~~~いいですね!
ツリーの飾りつけは、シルバー一色のほうが
統一感もあり、清潔で落ち着いてます!

そして、ろうそくを立てやケーキ
などに明るい赤や緑を使うと
オシャレになりそうですね!!!

出典:pinterest

いや~~~
素敵なオシャレなディスプレイ達でした!

でもその素敵でオシャレなディスプレイをするためには
まず準備の断捨離!!!
部屋をスッキリ無駄のない空間にすることが
前提のように思います!!!

断捨離とミニマリストの違いは?人気ブロガーやまぐちせいこさんから学ぶ。意味と方法論。おすすめ本/無印良品で始めよう。
なんと!スッキリした空間でしょう!!! ミニマリストの方のお宅です。 こんなモデルルーム以上にスッキリしたお部屋にいたら ...

スポンサーリンク

シンプルツリーはどこで購入?

自然の木でツリーを作るなら
それこそ山に分け入り切ってくるか

それとも、ホームセンターで
購入するか。。。

しかし、素敵なオシャレなツリーにするには
センスと技術がかなり必要になりそうです。

我が家には、クリスマスツリーが一つだけあります。
高さ180㎝なので、結構高めですね。

出典:ニトリ公式ページ

購入先はこちらのニトリさん。
価格は180cmで2990円(税込み)なので
めっちゃリーズナブル!!!

ヌードツリーですから
ディスプレイは思いのままに出来そう!

ということで、数年前に購入しましたが
ただ、足元が若干ふらつくといいますか。。。

プラスチックで軽いので
すぐに倒れちゃうんです。

足元を強化する必要性がありそうですね!
先ほどのディズプレイを真似て
丸太の木で足元を固めてみようかしら。。。

同じヌードツリーで雪が乗ってるように
白いタイプもあります。

こちらは180㎝で税込み5990円。
少し高めですが、この木に
シルバーの飾り玉だけでもオシャレになりそう!

今回、ニトリで見つけました!
気になるウッドツリー。

高さは70cmと小さいですが
新調90㎝の三女にとっては、
そこそこに感じられるかと。

価格は税込み3990円でお買い得感あり。
いい感じですね!!!

スポンサーリンク

まとめ

毎年、いろんなクリスマスディスプレイを見る度
定番なやり方しかしていませんでしたが

今回、ミニマリストさんのクリスマス
ディスプレイを参考にさせていただきまして
以下のようにまとめました!

①色は単色。もしくは色の数を少なめに。

②ウッド調を基本に。

③自分が好きなアイテムを足元に。

さっそく、実物を見に行ってみようと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする