金運アップしたいなら?おまじない?それともお金の観念・使い方をシフトチェンジ!?メンタルブロックの解除方法。

いよいよ2018年になりましたね!!!
あなたは初詣は行かれましたか?
そして、神社で神さまにどのようなことを
お話しされましたか?

無病息災・商売繁盛・家内安全
今までの私なら、これらの決まりきった
お願い事をしていました。

今年は、それをやめて
去年いろんな方々に教わった通りに
神社では、「お願いごと」をせず
以下のように話しました。

「○○市○○町に住む○○です。
家族全員無事に一年を過ごすことが出来ます。
ありがとうございます!!!」

と現在進行形で感謝を述べました。

ご存知でしたか?
神社でお願い事をすると
○○を欲している状態」を
引き寄せてしまうということなんです。

「金運アップしますように!」とお願いすると
「金運アップを欲している状態」を引き寄せてしまうんです!

時既に遅し。。。。かもしれませんが。。。

しかし、お金に対する考え方のシフトチェンジをし
毎日実行すれば、
きっとあなたにも金運が訪れる。。。。はず???

金運はもたらされるものではない。

お金って、聞くと紙幣や硬貨
それそのものが価値の高いものに
思われがちですが、
実はそうではないんですよね。

マンモス追いかけていた時代は
物々交換、もしくは
大きな石のまぁるい穴の開いたやつ↓(笑)が
貨幣として使われていたわけで。

貨幣が現代社会になり、
紙幣なり硬貨へと取って代わっただけなのです。
よって、価値があるのはお金そのものではなく
そのお金を媒体にして得る、食物や衣服、
サービス、道具、便利なもの、全てなのですよね。

その価値=エネルギーの対価として
お金が使用されているだけなのです。

しかしながら、あなたもわたしも
毎日使っているこのお金には
色んなマインドブロックが隠されているとのことです。

それは、1人1人育った環境により
全く違うものになります。

それを、自分自身で気づき、
解除することが
まず先決だと思われます。。

スポンサーリンク

お金を引き寄せないマインドブロックを解除

「お金が欲しい」と思わない。

まず、この「お金」に執着し過ぎないことです。


「お金欲しい欲しい」と思っていると
潜在意識に「お金を欲している状態」が書き込まれ、
波動となって自分から宇宙に出ていきます。


そして巡り巡って、結局のところ
自分に「お金が欲しい状況=お金がないと感じている自分」
引き寄せてしまい、常に「お金に困っている状況」になります。

お金は、たとえ借金があったとしても
その借金となる対価を十分に自身がいただいているはずです。

ですから、「お金はあるんだ」と信じ
今ある自分の恵み、シアワセに感謝する。

「今日も綺麗な水が飲めます。ありがとう。」
「今日も白いご飯が食べれます。ありがとう。」
「今日もスイッチを押せば電気が点ります」
「今日も健康で仕事ができます。ありがとう。」

この何気ないシアワセへの気づきが、
波動となり自然とお金を引き寄せていきます。

お金儲けは汚い、という思い込み

「お金儲け」、という言葉に極端に
嫌なイメージを持たれているあなた。

幼少時代にお金がないことで
親にやりたいことが制限されたり
行きたい高校に行けなかったり。。など

そういったお金に対するマイナスイメージ
ブレーキをかけている原因となっている場合があります。

また、実家が自営業などで
常に紙幣を数えている親の姿を見たり


お金が原因で夫婦喧嘩を目の当たりにしたり
とにかく、お金に対する
マイナスイメージが根強くある方。

そういった思い込みは、一度紙に書き出して
そしてその文字に赤く二重線を引き、

「今はこの状況だけれども、命までは落とさない。
 大丈夫。すべてはうまくいっている」

と自分を信じマインドの書き換えを行う必要があります。

スポンサーリンク

自分はお金を受け取ってはいけないという自己否定感

自分は無能な人間だから
何も生み出せない、労働力も大したことない。


だからお金は受け取れない、、といった
自己否定感の高いあなたは
もっと自分を信じてあげましょう。

そのためには自己の成功体験
幼少期から思いつくまま書き出して
そして、少しずつ自己肯定感を
あげていく方法がいいです。

そして、毎日のルーティンワークや
自宅での奉仕活動(トイレ掃除やくつ揃え)などが
出来たら○をつけたりシールを貼ったりして
徐々に自分が何かを達成していることの
積み重ねをし、自己肯定感を高めることが肝要です。

私もそうでした。
専業主婦ですから、家事や子育てをしていても
なんの評価もお給料ももらえませんから
社会から隔離されているようで
自然と自己肯定感を低めていました。

いやいや、そうではないんです。
主婦もれっきとした労働です。
保険会社では、車の事故などに遭うと
「主婦休損」という名目の
慰謝料をもらえることがあります。

たとえ専業主婦でも
大体、ひと月に30万円位の労働と
言われています。

お金を手にすると不幸になるという幻想

これを記事に書きながら
私自身にこのブレーキがかかっていたことが
明らかになりました。

結婚退社したはずの私が
住宅ローンを共に払っていくために
再度外に働きに出てお給料を貰う度に
車の事故が起きてしまったり、
病気になったり、
はたまた主人が浮気をしたり。。。

これが何度も重なっていたので
自分は外では働いてはいけない、
外で働くと良くないことが起きるという
メンタルブロックが出来ていました。

すぐさま、これを書き換えることをしました!

今までの経験は全て映画のストーリー。
ハッピーエンドが分かっているから
どんなハプニングも安心して見ていられる。


そのハプニングですら、
今の幸せを得るための過程だったんだと捉え、
ハプニングを楽しむくらい俯瞰した自分がいて
常にご機嫌でいることが家族を幸せにするのだ、と。

スポンサーリンク

お金を引き寄せる毎日の習慣とは?

お金を大切に扱う

お金のことを呼び捨てにせず
「お金さん」と呼ぶと
とても大切に扱うようになります。

そしてお財布はいつも整理整頓。
その日のうちにレシートはすぐに捨てて
紙幣は紙幣、硬貨は硬貨
別々にして綺麗に入れて
寝る時は、頭よりも高い場所の
タンスの引き出しに入れて休ませてあげましょう。

お金を使うときに感謝の念を忘れない

お金を使う時は、その対価となるモノを
得ています。

それを得るにはとても労力がかかっています。
例えば、自動販売機のジュースですらも
その自販機を購入し電気代を払っている人
ジュースを製造、販売している人、缶を入れる人、
ゴミ箱をお掃除してくれる人などなど。

たった100円の消しゴム一つにしても
それを得るためにはたくさんの人が関わっています。
自分ひとりでは到底作れない消しゴム。
それを得られる対価に比べたら
100円は安いものです。

そうして、お金を使う際は
必ず「ありがとう」と思い
レジ係の人にも「ありがとう」と
笑顔で言うと言いでしょう。

だって、そのレジ係の人も労働力を
提供してくれているのですし


何より、その人に気持ちよくお金を受け取ってもらい
お金を奪っている感覚を払拭し
労働の活力にして欲しいですから。

「金は天下の回り物」の意識を

上の続きになりますが
気持ちよくお金を使う人には
気持ちよくお金が舞い戻ってくるそうです。

「ありがとう。いってらっしゃい。またお友達を連れてきてね。」
そんな風に声かけするのもいいですね。

「お金は天下の回りもの」

本当に、昔から言われていることなのに
無意識にケチケチしている自分がいました。
反省です。。。

スポンサーリンク

まとめ

お金に金に対するマイナスイメージを払拭
自身のマインドブロックとなっている
過去の出来事を洗い出しましょう。

そして、それは命の危険まではさらされないのだと
潜在意識を書き換え
さらには、自身の能力を信じ
自己肯定感を高めるワークをしていきましょう。

そうすることで、
きっとあなたにも
金運を引き寄せることが出来ます!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする