悩みの原因は何か?「持たなければ悩まない」ミニマリスト&断捨離&般若心経マインドで解決。

「持った人は持ったために悩む」

毎日見ている御誕生寺の和尚さんが書いた
カレンダーに書いてあるコトバを見て
ハッと気づきました。

私たちは今や、モノに溢れています。
24時間営業のお店では、例え夜中でもお正月でも
簡単に食料品を手に入れることができます。

そして、道を歩いていると
ティッシュやチラシを配られたりします。

そうなんですよね。
私たちは、物質的にとても豊かな国に生まれ育ちました。
それがもう当たり前のように生きています。

物質的な豊かさをただただ追い求め
過剰なモノで家が溢れかえっていた時がありました。

ちょうど20年位前、とにかく物欲の塊だった私。
しかし、そのモノを持ったために、私たちは悩みます。

そのモノが壊れないか、失くさないか
はたまた高価なモノであれば
それを狙われないか、盗まれないか。。

どんどん便利なモノが手に入り
便利な世の中になりました。

しかし、一方では、モノを持ったために
悩み心配不安で眠れない人もいます。
では、どのようなマインドなら悩まないのでしょうか?

スポンサーリンク

悩みのない世界って?持たない世界?

モノを持ったために悩む。。。
では、何も持たなければいいのでしょうか?

それはちょっと違うような感じがしますよね。
何もなかったらそれはそれは不便ですし
味気ない、楽しみのない生活に
なってしまうかな、と思います。

例えば、新築するマイホームのリビングに
「何を置こう?」と考えたとして、

では、「冬暖かい薪ストーブを置こう」と
考えたとします。

すると、まずは、薪ストーブそのものの購入だけでなく
薪ストーブにはどの様な準備が必要なのか、
を調べますよね。

それで、薪ストーブを置く場所を考えて
床材の選別からはいります。

丈夫な材質、タイルやレンガなど
耐熱性のものを選び並べます。

そして、次に煙突のパイプををどの様に這わせて
煙を外に排出するか、を考え
適切な角度や高さを考慮して
材料を取り揃えます。

そして、今度は燃やす薪の手配をします。
薪は自分で木を切るなら
斧やナタが必要です。

そして、薪はしばらく乾かさないと燃えないので
切った薪を雨風の当たらない場所に仕舞う
倉庫のような場所が必要にります。

さらには、常に煙突や、灰のメンテナンスが必要なので
その灰を集める掃除道具も必要になります。

さぁー、これは大変です!

薪ストーブひとつ家の中に入れようものなら
こんなにたくさんの付属品の選別、
そして購入が必要になる、
ということが明らかですよね。

悩みまくりそうですよね!!!

実はこれは、私たちが家を建てた時の
悩み事のひとつだったのです!

13年前に建てたマイホームは、主人の夢だった
フィンランドログハウス。

私たちには、ログハウス=薪ストーブ
という、イメージ画が出来上がっておりました。
ですから、調べに調べました!

しかし、上のような悩みが浮上し
リビングの間取りや
他の暖房器具との兼ね合い
メンテナンスの大変さで
結局、薪ストーブはなしにしよう!
ということになったのです!

結果、薪ストーブはなくてよかったです!
当初設置しようとしていた場所には
子供たちがうちの中でも遊べるように
マットが敷いてあり、ジャングルジムと
ブランコ滑り台が置いてあります。

今の私たちにとっては、
不要・不適なモノだったということですね。

スポンサーリンク

ミニマリスト&断捨離的 持たない主義とは?

ミニマリストの方の持たない主義の
根底にある考えはこれ。

自分の人生の中で大切にしたいこと、集中することのために、
暮らしの無駄を見直し、新しいアイディアや
ライフスタイルを実践する。

おすすめ女性ミニマリストブログご紹介!阪口ゆうこさん「整えアドバイザー」「ゆるミニマリスト」ストレスフリーな毎日目指そう!
「ミニマリスト」 必要最小限のモノしか持たない暮らしをする人。 もしも一人暮らしなら出来るかも? そんな感じもしますが。 ...

ですから、モノをどんどん捨てることがよい
というわけでもなく、
無駄を省いていって
自分にとって大好きで大切なモノに囲まれて
シンプルなライフスタイルを目指す
ということなんですね。

断捨離の思考から行きますと


不要・不適・不快」なモノを手放し
モノに貼り付いていた執着心を手放し
無駄にモノが入り込むことを断ち

そして、ごきげんな毎日を過ごしましょう♪
という考えです。

断捨離で日々是ごきげんに生きる知恵/やましたひでこ・なぜ手放すことで人生が動き出すのか?
断捨離という言葉が定着してから、はや7年が経ちます。 私個人にとっては、去年から本格的に断捨離を勉強し 取り入れてきました。 ...

どちらも、似ていてちょっと違いますが
「自分の人生、自分らしく楽しみましょう」
というのは共通しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

モノが少ないと悩みも少なくなる?

例えば、高級なティーカップ
全然使っていなかったのですが
お客様が見えたので出そうとしたら
手が滑って落として割れちゃったとしますね。

その時、どう思うでしょうか。
人それぞれですよね。

もしも大切にしていて
誰かからいただいたものだったとしたら
「●●さんに頂いたものだったのに割ってしまった」でしょう。

もしも、自分が気に入って悩んで買ったもの
だったとしたら
「すごく気に入っていたのにショック」でしょう。

もしも、すごい名の通ったブランド品で
とっても高く頑張って買ったものだったとしたら
「あんなに高かったのにもったいない」でしょう。

しかし、カタチあるものはいつかなくなる、
ということが潜在意識の中にあれば

「割れちゃったけど、使っていなかったし
今日が寿命だったんだ」

「なかなか使ってあげれなくてごめんなさい。」

「自分にあまり相応しくないっていうことを
教えてくれてありがとう」

このような考えに変わるのではないでしょうか。

分かりづらいかも知れないですが
「般若心経」の中で

「 色不異空 しきふいくう  空不異色 くうふいしき  色即是空 しきそくぜくう  空即是色 くうそくぜしき  」

と、とにかくこの世の現象すべて=「色」は
すべて「空」=実体のない空虚な幻である。
と弟子である舎利子に説いています。

モノ、目に見えるものばかりに
囚われず生きて生きたいとき
この「般若心経」の一節を口ずさむと
いいかもしれませんね。

40代女性のための般若心経。心穏やかに生きるために。意味を簡単に分かりやすく解説いたします!
40代女性に是非知って欲しい般若心経の空の世界 40代といえば、孔子の「論語」では 「四十にして惑わず」 「不惑」の年です。 ...

スポンサーリンク

まとめ

我々の悩みは、主に以下の三つが主です。

「健康」「お金」「人間関係」

この中で、最も多いのは
人間関係ではないでしょうか。

人間関係がうまくいけば
ストレスも溜まりませんので
家の中がモノで溢れるということは
少なくなると思います。

人間関係に悩んでいると
買い物でそのストレスを解消したり
そしてぐちゃぐちゃの部屋にいると
前頭葉も働かなくなり思考力がゼロに近くなる。

さらには、モノに執着心が貼り付いて
全く機能していないモノでもなかなか捨てられない。
それでは楽しい人生が歩めるはずがありません。

そんな時は、ミニマリスト&断捨離&般若心経マインドを
想い出してください。

そうすれば、悩みが悩みでなくなり
目の前がパッと明るくなっていくのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする