★不登校の原因はなに?どう解決したらいい?親の愛情不足?カウンセラーのお話。

今、貴女の愛する子供たちが

不登校になったら。。。。

「まさか、うちの子が。。。」

と思っていませんか?

どうしたら、学校に行かせられるんだろう。。。

子どもを動かそうとばかり考えていませんか?

そうではなく、貴女が変わらないといけないのです。

不登校の原因は、一体なに?私たち親はどうしたらいい?

「学校は楽しいところ」という通説は

崩れてきています。

大人たちが社会に出て、仕事や人間関係で

ストレスを抱えて帰ってくるのと同じように

学校や先生、クラスメイトとの関係

部活の先輩、後輩などの上下関係

さらに、SNSの普及による誹謗中傷の恐怖など

現代特有のストレス

子どもたちにとっても山ほどあります。

これらのストレスに押しつぶされてしまう

子どもたちが昔よりも増えてきています。

そんな時に、お子さんのココロの拠り所になるのは

「家庭」であり「親」

なのです。

しかし、その「親」が子どもに対して

要らぬ期待を寄せて塾や習い事に通わせ

「あれをしろ」「これはだめ」

と制約ばかり。。。

それでは、子どものくつろぐ場所がありません。

そして、家庭内でもストレスを抱えて

ある日。。。。爆発する。。

そうなんです。

不登校・引きこもり・非行などの行動は、

お子さんからのSOSサインです。

まずは、家庭内をストレスのない

安心、安全、平和

安らぎのある家庭にすることを

念頭におきましょう。

スポンサーリンク

不登校の原因は愛情不足?

不登校、引きこもりの原因は

「愛情不足」なのでしょうか?

そうなると、

「私の育て方が悪かったんだ」と

落ち込んでノイローゼになったり

うつ病で入院したり、お母さん自身が

引きこもりになることもあります。

私自身も、半ばうつ病気味になり

精神科にて安定剤を貰うほどになるほど

落胆し途方に暮れてしまった時期がありました。

でも、大丈夫です。

貴女の子育ての仕方が悪かったのではありません。

貴女なりに、育児書を読んだり

祖父母の話を聞いたり、ママ友の経験談を聞いたり

一生懸命頑張って手探りで子育てをしてきたと思います。

しかし、同じ年のお子さん

同性の兄弟でも、愛情の感じ方が

それぞれ違います。

ですから、お子さんに合わせた育て方を

一からやり直すのです。

スポンサーリンク

不登校の解決方法とは?子どもの育て直し

子どもが不登校や引きこもりになる

ということは、自分に対する愛情

信頼感=自分を信じることが出来ない=自信がない

ということになります。

ですから、安心していられる場所

家庭を作ってあげなければなりません。

そのためには、子どもが人を信じる力

自分自身を信じる力が育っていないと

思春期になっても、自立心が養われません。

ですから、子どもが望むこと、喜ぶことを

沢山してあげることで

親への信頼感が増して、そのうえで

学校でストレス下にあったとしても

それに打ち勝てる準備が整うのです。

その育て直しをするためには

どうしたらいいのか。。

明日からのブログに続きます。

スポンサーリンク

まとめ

「不登校は不幸じゃない」

「不登校は必ず改善する」

この言葉を信じて今までやってきたので

今があります。

出口のないトンネルはありません。

今から、私と一緒に不登校をきっかけに

お子さんと向き合っていきましょう。

ありがとうございました。

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする