『7つの習慣』成功には原則があった!個人、家庭、会社、人生のすべて/スティーブン・R・コヴィー著のススメ

この本を勉強することで得られるものとは?

世界で最も大きな影響力を持つ経営コンサルタントとして
有名なスティーブン・R・コヴィーの著書
『7つの習慣』をなぜ私がおススメするのか?

経営者だけでなく、ビジネスマン、OL、
専業主婦、学生、どんな立場であれども
昨今の激しい変化の時代の中、
充実した人間らしい生活を営むための
道しるべとなるからです!

真のリーダーになり、マネジメントの本質を知る

会社を経営している社長にとっての最重要課題
人間関係における効果的なリーダーシップの習慣を学ぶことで
相互の望む結果や利益を得られるようになる。

人生における明確な目的と方向性を持てる

自分の中心に置くものに偏りが生じていたため
目的と方向性を見失っている人に原則中心の必要性を示してくれる。

人間本来の暖かさを取り戻し、本当の喜びを味わえる

勇気と思いやりのバランスを保つことで
人生本来の暖かさを取り戻し、真の充足感を得られる。

家族との大切な人間関係を築き直す鍵を学ぶ

家族との信頼関係を築きあげるために
日常起こる様々な出来事の中で
パラダイムをシフトすることで最善の行動をとれるようになる。

著者スティーブン・R・コヴィーの紹介

アメリカ合衆国ユタ州ソルトレークシティー出身の経営コンサルタント。

ユタ大学、ハーバード大学経営学大学院などで学び、教職を経て、
「7つの習慣」を始めとするリーダーシップ論を広めるべく、
1989年、ビジネスコンサルタント会社「コヴィー・リーダーシップ・センター」を設立。

以後、世界各国の政府や企業のリーダーに対して、広くコンサルタントとして活躍。
1997年に合併し、「フランクリン・コヴィー社」の副会長となる。

世界で最も影響力のあるビジネスの思想家として、各国で高い評価を受ける。

2012年7月、79歳で永眠。

ご紹介の著書『7つの習慣 ―成功には原則があった!』
(ジェームス・スキナー、川西 茂 訳)は

3000万部以上の売上げを記録し、日本でも200万部以上が販売されている。

さらに38の言語にも翻訳され世界的なベストセラーとなりました。

『第8の習慣 ―「効果」から「偉大」へ』(フランクリン・コヴィー・ジャパン 訳)
『第3の案 ―成功者の選択』(共著、フランクリン・コヴィー・ジャパン訳、いずれもキングベアー出版)など

7つの習慣を讃える日本人

高野 登(ザ・リッツ・カールトン・ホテル元日本支社長)
「7つの習慣」は私の座右の書となり、人生の道標となっている。
これほどに人間を腑かい慈愛に満ちた目で捉え、
書かれた本を私は知らない。

宮井仁之助(元社会経済生産性本部理事長)

効果的な人間関係を築くための原則について、多くの事例を通して
分かりやすく述べた好著。
日本の読者にとっても自己革新のよき指針となろう。

岡屋 裕造(日邦産業㈱元代表取締役社長)
「7つの習慣」の一貫した原則は、単なる
「経営指針書」「リーダーシップ論」というよりは
「経営哲学」であり、「人生哲学」でもあります。
今この時にこの本と出逢えたことに心より感謝します。

奥田 碩(トヨタ自動車㈱元取締役社長)
21世紀に大きく変貌しようとしている我が国の
経済社会において「7つの習慣」が多忙な現代人の
良き道標になることを期待します。

まとめ

何気なく日々を過ごすのではなく
インサイド・アウトのアプローチを実行することにより
お互いの相違点を乗り越えて、深い相互理解
信頼関係を築くことが出来ると著者は
具体的事例をいくつも挙げて述べています。

世代を超えて強い絆で結ばれた家族というものは
最も実り多く報われ、そして満足できる
相互依存関係のひとつになる可能性を秘めています。

自分がその変化点になれるべく
「7つの習慣」を実践していこうと思います。

ありがとうございました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

完訳7つの習慣 人格主義の回復 [ スティーヴン・R.コヴィー ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2017/8/16時点)

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする