平昌オリンピックに続きパラリンピック本日開催!注目の選手、成田緑夢(なりたぐりむ)選手について

いや~~ピョンチャンオリンピック
熱く燃えましたね!
日本人選手の活躍はもちろんのこと

世界中のトップアスリート達の
真剣な眼差し、笑顔、涙、コメントなど
沢山の気づきを得ました。

そして今日、ピョンチャン、パラリンピックが開幕します。

今朝のニュースで見たのが

注目選手「成田緑夢」さんについての特集。

彼のコメントから
「はッ!」という気づきを得ましたので
シェアさせていただきたいと思います。

成田緑夢(なりたぐりむ)選手の生い立ち

1994年2月1日生まれで現在24歳。

大阪市住之江区出身のフリースタイルスキー(ハーフパイプ)、スノーボード、トランポリン、陸上選手。とウィキペディアには記載されています。

名前を見てすぐに皆さんお気づきだとは思いますが
父はスノーボードコーチの成田隆史氏。

長兄の成田童夢と、姉の今井メロは、
それぞれトリノオリンピック日本代表として出場していますので
ぐりむ選手はアスリート一家の末っ子として育ってきました。

恵まれた環境、そして素晴らしい才能を持った彼ですが
今朝のインタビューの彼の笑顔に惹かれました。

その訳は。。。。

スポンサーリンク

成田緑夢(なりたぐりむ)選手の経歴、人生について。

成田さんは1998年、長野オリンピックで
スノーボードのデモンストレーターを務めました。
小さい頃から才能が突出していたようですね。

小学校時代から国際大会に出場し、
2010年の時点で、バンクーバーオリンピック金メダリスト
ショーン・ホワイトが見せた新技「ダブルマックツイスト1260」を
一発で決めてしまうという、とんでもない才能の持ち主でした。

同時にトランポリン競技もこなしており
上宮高等学校2年時の2010年8月には、
全国高校選手権の男子個人で
歴代最高得点で最高難度賞を受賞しました。

2012年11月からフリースタイルスキー・ハーフパイプに取り組み始め、
2013年1月、2月のFISワールドカップに3回出場した後、
2013年フリースタイルスキー世界選手権の日本代表に選出されました。

しかし2013年4月、トランポリンの練習中の事故により
左足の腓骨神経麻痺の重傷を負いました。

障害を克服してハープパイプ競技に復帰を果たし、
さらに2020年開催の東京パラリンピックに出場するため、
走り高跳びなどの障害者スポーツにも取り組むようになりました。

そして、今日から開幕する平昌パラリンピックのスノーボード日本代表に選出されました。

主な成績としましては

フリースタイルスキー
2013年 – フリースタイルスキー世界選手権 ハーフパイプ・9位
2013年 – フリースタイルスキー世界ジュニア選手権 ハーフパイプ・優勝

スノーボード
20
16年 – 全国障害者スノーボード選手権大会
スノーボードクロス(下肢障害その他) 優勝

2017年IPC・スノーボードワールドカップ タホ大会 スノーボードクロス優勝IPC・スノーボードワールドカップ 平昌大会 バンクドスラローム優勝
全国障害者スノーボード選手権大会 スノーボードクロス(下肢障害その他)優勝

陸上
2016年 – 日本パラ陸上選手権 走り高跳び《下肢障がい》2位

2017年 – 日本パラ陸上選手権 走り高跳び《下肢障がい》、走り幅跳び 2位

スポンサーリンク

成田ぐりむ選手のインタビューから得たこと

今朝の情報番組で、注目選手として
取り上げられていた、成田緑夢選手。

インタビューに応えている、成田選手の表情と言葉に
感銘を受けました。

「僕の夢は、金メダルではないんです。

 金メダルじゃなくて、皆さんに夢と希望と勇気を与えられる

 そんなアスリ―トになることが夢です!」

どうして、そこまでストイックに夢に前向きになれるのか。
理由が分かりました。

障害を背負ってからも変わらず持ち続けてきた

この夢は、他者への貢献だからです。

正直、金メダルのみを目指している選手は、
他人からの評価が主流。他人軸ですよね。
そして、金メダルを取ってしまったら意気消沈、引退する人も数知れず。
逆に金メダルを取れなかった場合に、自分を蔑みます。

成田緑夢選手にとって、金メダルは
夢を叶えるための一過程であって、夢=目標ではないのですね。

この精神は、我々主婦にとっても活かされる考えだと思います。

例えば、毎日夕飯を作るという家事ひとつとっても
「家族の健康を考えて作る」他者貢献と
「自分の料理がおいしいと言われたいために作る」自己満足では

同じ料理でも味が変わってくるのではないか。。。と思うのです。

スポンサーリンク

まとめ

実は、私、現在

「21日間毎日ブログを書こう!」というチャレンジをして数日経っております。

思っているほど簡単にうまくいかなかったので、
実際心が折れそうになっていました。

しかし、今朝の成田緑夢選手の笑顔とインタビューを見て
恥ずかしくなりました。

夢、他者貢献を果たすため、
これからも毎日情報発信していくよう努めていきますので
よろしくお願いします!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする